“人生の可能性”をオムニバス形式で描く、新谷姫加ら出演「poolside -karin-」

94

「poolside -karin-」が、4月21日から26日まで東京・シアター711で上演される。

「poolside -karin-」ビジュアル

「poolside -karin-」ビジュアル

大きなサイズで見る(全8件)

新谷姫加

新谷姫加

大石楓夏

大石楓夏

岡本尚子

岡本尚子

劇団poolsideは、“演劇にできることはまだある”をコンセプトに、プロデューサーのkarinが旗揚げした団体。本公演では、現代を生きる3人の女の子の“もしかしたらありえたかもしれない人生の可能性”が、3つのオムニバスストーリーとして描かれる。

作劇を三谷伸太朗、竹知佑輔、karinがそれぞれ手がけ、すべての演出を増田朋弥が担当。出演者には、新谷姫加、大石楓夏、岡本尚子が名を連ねた。なお本作は、上演中の携帯電話の使用が可能で、観客は一部シーンを静止画撮影することができる。また、劇中ではTwitterのハッシュタグや、LINEpayを利用した演出がなされる予定だ。

この記事の画像(全8件)

「poolside -karin-」

2020年4月21日(火)~26日(日)
東京都 シアター711

作:三谷伸太朗、竹知佑輔、karin
演出:増田朋弥
出演:新谷姫加、大石楓夏、岡本尚子

※2020年4月6日追記:本公演は新型コロナウイルスの影響で無観客上演に変更となりました。なお、その模様はYouTubeで無料配信されます。

※2020年4月9日追記:本公演は新型コロナウイルスの影響で延期になりました。これに伴い、無観客上演および映像配信は見送りとなりました。

リンク