寝れない部屋が紡ぐ“全ての春にふさわしい作品”「さくら、見えずとも」開幕

149

劇団寝れない部屋「さくら、見えずとも」が、昨日3月18日に東京・オメガ東京で開幕した。

劇団寝れない部屋「さくら、見えずとも」より。

劇団寝れない部屋「さくら、見えずとも」より。

大きなサイズで見る(全12件)

劇団寝れない部屋「さくら、見えずとも」より。

劇団寝れない部屋「さくら、見えずとも」より。

劇団寝れない部屋「さくら、見えずとも」より。

劇団寝れない部屋「さくら、見えずとも」より。

劇団寝れない部屋は、ラジオを中心に活動する放送作家・川島大典と、演劇をメインに活動するコピティウスによる劇団。作中では、自殺を図ろうとする2人の“さくら”を軸にした物語が描かれる。出演者には中村珠希、田中あやせ、田辺未佳、賀家勇人、宮田大暉、真田遥奈、サトモリサトル、さゆり、関田剛志、井手口裕樹が名を連ねた。

劇団寝れない部屋「さくら、見えずとも」より。

劇団寝れない部屋「さくら、見えずとも」より。

開幕に際し川島は「2年目の寝れない部屋がお送りする、全ての春にふさわしい作品を、ぜひご覧ください」と観客にメッセージを送り、コピティウスも「別れなどマイナスな要素も含む春ですが、私の中で希望が見えたのもまた春でした。そんな季節と想いを乗せた作品です」とコメントしている。上演時間は2時間5分を予定。公演は3月22日まで行われる。

川島大典 コメント

自殺者が増える春に、自殺と春をテーマにした作品を作りたいと思い浮かんだのは、もう遠い昔のように感じます。そんな中、劇団が旗揚げして1年が経ち、多くの仲間が出来ました。慌ただしく、例年と違う春ですが、仲間とともに迎えるそれは、とても綺麗な気がします。2年目の寝れない部屋がお送りする、全ての春にふさわしい作品を、ぜひご覧ください。

コピティウス コメント

春と聞くと浮かぶのが「入学式・新学期」というワードです。幼い頃、私は人見知りで、自己紹介の順番が回ってきても名前すら名乗れない程でした。故に、幼い私は春が嫌いでした。それを変えてくれたのは、高校時代の友人でした。彼女は桜の花が大好きで、一緒に桜を眺めているうちに春が大好きになりました。別れなどマイナスな要素も含む春ですが、私の中で希望が見えたのもまた春でした。そんな季節と想いを乗せた作品です。

この記事の画像(全12件)

劇団寝れない部屋 第4回公演「さくら、見えずとも」

2020年3月18日(水)~22日(日)
東京都 オメガ東京

作・演出:川島大典、コピティウス
出演:中村珠希、田中あやせ、田辺未佳、賀家勇人、宮田大暉、真田遥奈、サトモリサトル、さゆり、関田剛志、井手口裕樹

リンク

関連記事