ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

坂元裕二作・演出の朗読劇に高橋一生&酒井若菜ら3組、新作も発表

2557

坂元裕二 朗読劇2020『忘れえぬ 忘れえぬ』、『初恋』と『不倫』」が4月14日から22日まで東京・よみうり大手町ホール、25・26日に大阪・松下IMPホールで上演される。

これは、脚本家・坂元裕二の著書「往復書簡 初恋と不倫」に収録された「不帰の初恋、海老名SA」と「カラシニコフ不倫海峡」に加え、本公演のために書き下ろされた新作「忘れえぬ 忘れえぬ」の計3作を坂元自身の演出により上演するもの。東京公演には高橋一生酒井若菜ペア、林遣都有村架純ペア、風間俊介松岡茉優ペアが日替わりで登場し、大阪公演には風間・松岡ペアが出演する。

坂元は上演に向けて「ただ往復する手紙による物語で、今回で3作目になります。これまでに多くの方に朗読していただきましたが、読み手が変わるたびに、声という個性によってその色合いだけではなく、物語そのものが変わって感じられるのが何よりの面白さです。言葉と声しかない最小限の空間に浸り、楽しんでいただければ幸いです」とコメント。チケットの一般販売は、東京公演が3月14日10:00、大阪公演が22日10:00にスタート。

「坂元裕二 朗読劇2020『忘れえぬ 忘れえぬ』、『初恋』と『不倫』」

2020年4月14日(火)~22日(水)
東京都 よみうり大手町ホール

2020年4月25日(土)・26日(日)
大阪府 松下IMPホール

作・演出:坂元裕二
音楽:諭吉佳作/men
出演(出演日順):高橋一生酒井若菜林遣都有村架純風間俊介松岡茉優

ステージナタリーをフォロー