ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

「飛龍伝 2020」開幕、欅坂46菅井友香「世代を超えてお伝えする使命を」

203

「飛龍伝 2020」囲み取材より。左から味方良介、菅井友香(欅坂46)、石田明(NON STYLE)。

「飛龍伝 2020」囲み取材より。左から味方良介、菅井友香(欅坂46)、石田明(NON STYLE)。

「飛龍伝 2020」が、本日1月29日に東京・新国立劇場 中劇場で行われるプレビュー公演を皮切りに開幕。これに先駆けて同日、囲み取材が行われた。

岡村俊一が演出を手がける本作は、つかこうへいの没後10年に向けて行われる「つかこうへい演劇祭」の一環として上演されるもの。囲み取材には出演者より、欅坂46の菅井友香、NON STYLE石田明味方良介が登壇した。

主演を務める菅井は「つかさんが亡くなられてから10年、そして2020年というタイミングで、偉大な作品に挑戦させていただけることを誇りに思います」と感慨を語る。菅井の発言を受けた味方は「素晴らしい! (言いたいことを)全部言ってもらいました(笑)」と述べ、石田は「今の(菅井の)コメントで十分でしょう。じゃあ(取材を)終わりましょう!」とジョークを飛ばし、報道陣の笑いを誘う。

座長を務める菅井について、石田は「成長がすごい。正直、最初は声が“モスキート音”みたいに小さくて、どうなることかと思ったのですが、今は飛行機が通ったと思うくらい大きい(笑)。感情の振れ幅もどんどん大きくなっていて、公演が始まってからもさらによくなると思います」と絶賛。続く味方は、菅井の印象について「多くを語るわけではないですが、自分がきちんと取り組むことで周りに示してくれる。アイドルではなく女優として舞台に立っている姿を見られてうれしい」と語る。照れ笑いを浮かべる菅井の様子を見ていた石田は「(菅井は)心が綺麗すぎて、最初は『豚!』と罵るセリフが言えなかったんです。でも今はボロカスに言ってます(笑)」とエピソードを明かした。

最後に石田は「つかさんに届くお芝居ができれば」、味方は「つかさんに会えなかった悔しさをバネに自分ができること以上のことをやって『飛龍伝』を後世に伝えていけるようにがんばります」と、それぞれ意気込む。そして菅井は「素晴らしい俳優の皆さんを間近で見られるぜいたく過ぎる環境に感謝して、精一杯お芝居で恩返しできたら。つかさんが伝えたかったことを、世代を超えて皆さんにお伝えする使命を果たしたいと思います」と結んだ。

本作の上演時間は休憩なしの約2時間10分を予定。公演は2月12日まで東京・新国立劇場 中劇場、2月22日から24日まで大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA TTホールにて。

「飛龍伝 2020」

2020年1月30日(木)~2月12日(水)※1月29日にプレビュー公演あり。
東京都 新国立劇場 中劇場

2020年2月22日(土)~24日(月・振休)
大阪府 COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール

作:つかこうへい
演出:岡村俊一
出演:菅井友香(欅坂46)/ 石田明味方良介細貝圭小柳心久保田創小澤亮太須藤公一大石敦士吉田智則 / 山田良明、友岡靖雅、草野剛、うえきやサトシ、和田慶史朗、岩上隼也、河合健太郎、濱田和馬、江浦優大、河本祐貴、米岡孝弘

ステージナタリーをフォロー