選択をテーマに“見る”“見られる”の関係を再定義、宮崎企画「つかの間の道」

27

宮崎企画「つかの間の道」が、1月8日から13日まで東京・アトリエ春風舎で上演される。

青年団若手自主企画vol.81 宮崎企画「つかの間の道」チラシ表

青年団若手自主企画vol.81 宮崎企画「つかの間の道」チラシ表

大きなサイズで見る(全2件)

本作は、青年団演出部でムニの宮崎玲奈による新作。公演に向けて宮崎は「無隣館三期演出部から青年団に入団しまして、初の若手自主企画を行います。今回の創作では、選択とは何かが問いとなっています。選択がなされることで、ある出来事は存在することになり、同時に選択されない出来事は存在しないことになる。そこにはあったかもしれない可能性も含まれる。『いる』ということが『いない』もしくは『いない』ことが『いる』ことを通して舞台上にあるとも言えて、これを『歪み』とわたしは呼んでいます。さまざまな『歪み』の知覚から、『見る』『見られる』の関係を再定義していきます」とコメントしている。

出演者には木崎友紀子、立蔵葉子石渡愛、黒澤多生、西風生子、南風盛もえ、藤家矢麻刀が名を連ねた。なお、1月8日19:30開演回には徳永京子、9日19:30開演回には佐々木敦、10日19:30開演回には作家の仲西森奈、12日14:00開演回には犬飼勝哉、12日19:30開演回には本橋龍をゲストに迎えたアフタートークが実施され、11日14:00開演回にはアフターイベントとして弾き語りライブが行われる。

この記事の画像(全2件)

青年団若手自主企画vol.81 宮崎企画「つかの間の道」

2020年1月8日(水)~13日(月・祝)
東京都 アトリエ春風舎

作・演出:宮崎玲奈
出演:木崎友紀子、立蔵葉子石渡愛、黒澤多生、西風生子、南風盛もえ、藤家矢麻刀

※宮崎企画及び宮崎玲奈の「崎」は立つ崎(たつさき)が正式表記。

全文を表示

関連記事

立蔵葉子のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 立蔵葉子 / 石渡愛 / 徳永京子 / 佐々木敦 / 犬飼勝哉 / 本橋龍 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします