ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

回遊や投票で新しい体験を、南座「サクラヒメ」に純矢ちとせら意気込み

520

左から新里宏太、Toyotaka(Beat Buddy Boi)、世界(EXILE / FANTASTICS from EXILE TRIBE)、川原一馬、純矢ちとせ、荒木健太朗、平野泰新(MAG!C☆PRINCE)、高田秀文。

左から新里宏太、Toyotaka(Beat Buddy Boi)、世界(EXILE / FANTASTICS from EXILE TRIBE)、川原一馬、純矢ちとせ、荒木健太朗、平野泰新(MAG!C☆PRINCE)、高田秀文。

1・2月に京都・南座で上演される「イマーシブシアター『サクラヒメ』 ~『桜姫東文章』より~」の製作発表が、本日12月19日に東京都内で実施された。

イマーシブシアターは、ニューヨークで話題となった体験型演劇。DAZZLEが脚本・演出を手がける「サクラヒメ」では、客席の1階部分が移動体験型エリア、2・3階部分が着席鑑賞型エリアとなる。劇中では、歌舞伎「桜姫東文章」をモチーフにしたストーリーが展開。死によって恋仲の相手と離れ離れになってしまったサクラヒメが転生し、5人の男性の中から運命の相手を見つけ出すさまが描かれる。また本作には5つのマルチエンディングが用意され、観客の投票で結末が決定される。

会見には脚本・演出・振付のDAZZLEより飯塚浩一郎、出演者よりサクラヒメ役の純矢ちとせ、投票対象となる5人の男性を演じる川原一馬荒木健太朗世界EXILE / FANTASTICS from EXILE TRIBE)、平野泰新MAG!C☆PRINCE)、ToyotakaBeat Buddy Boi)、そしてDAZZLEの高田秀文、新里宏太が登壇。さらにTSプロモートの三宅康之取締役、松竹の安孫子正代表取締役副社長も出席した。

和の演出とストリートダンスが融合する本作について安孫子副社長は、歌舞伎の創始者と言われる出雲阿国を挙げながら「彼女は今で言うストリートダンスをしていたと言える。ストリートダンスを取り入れた『サクラヒメ』はある種の原点回帰となり、演劇の新たな出発点になるのでは」と思いを口にした。

飯塚は「伝統的な演目が多いブロードウェイにも、『グレート・コメット』のようにイマーシブシアターの要素を取り入れた作品が出てきている」と紹介し、「今は“鑑賞”から“体験”へ、という流れがある。『サクラヒメ』では、1階の観客は回遊しながら観たいものを選び、2・3階の観客は物語の結末を投票で決めます。新しい体験を提供できるのでは」と期待を煽る。また飯塚により現時点での構想の一部も明かされ、海外からの観客を想定してセリフを極力減らすこと、投票は観客が5人の男性のイメージカラーの札を挙げることで集計されることなどが語られた。

宝塚歌劇団を今年退団した純矢は「日本舞踊が好きなので、踊るのが楽しみ。三味線、洋舞もあるそうで、和と洋の融合が魅力的だと思いました」と期待を寄せる。本作が退団後の初舞台となることについては「どのように新しい自分をお見せできるか、私自身も模索中」と言い、「5人の男性に思いを寄せられる幸せなお役です(笑)。結末が投票で変わりますので、お客様にも何度もお楽しみいただけると思います」と笑顔で話した。

陰陽師役の川原は「歴史ある南座に立てることをうれしく思います。2・3階でもタップダンスを披露して、お客様を魅了したい」と意気込みを述べる。川原は初のイマーシブシアターへの参加に向けて「誰が選ばれるかというドキドキはありますが、投票していただけるように全力でパフォーマンスしたい」と言葉に力を込めた。

荒木は自身が小劇場出身であることに触れつつ、今年4月に京都を訪れた際、祇園白川で桜を見たあとに南座のそばを通ったと言い、「『この劇場に立てたら最高だな』と思ったので、お話をいただいて驚きました。皆さん、夢は叶います! 来年もいい年にしましょう(笑)」とコメントし、会見場を笑いで包んだ。

EXILE / FANTASTICS from EXILE TRIBEで活動する世界は、「普段パフォーマンスするときは、ステージと客席がはっきり分かれていることがほとんど。今回は舞台と客席の垣根がないので、全員で『サクラヒメ』を作れるのが楽しみです」と期待を口にする。投票権を持つ2・3階の観客にどうアピールするか尋ねられると、「どうしましょう、『Choo Choo TRAIN』を踊るわけにいかないし……でも、もしかしたらそういう演出もあるかもしれませんね!」と回答し、記者たちの笑いを誘った。

初めて演劇の舞台に立つという平野は、不安をのぞかせながらも「僕は新体操を約10年間続けてきました。表現力、アクロバットを舞台に生かせたら」と力強く語る。2・3階の観客へのアピールについては「2階席の方の目線に届くくらい、1階から高く跳びたいと思います!」と気合十分に話した。

ストリートダンスを得意とするToyotakaは「日本人としてのパフォーマンスが何かできないかと、三味線の音をサンプリングした曲でショーを作ったこともあります。歴史ある南座に立ててうれしい」と喜びを語る。町医者役を演じることについては「『こんな町医者なら通いたい!』と思ってほしい(笑)」「道端でいろいろな方向に向けてダンスしてきた経験を生かし、2・3階のお客様にも全方向に向けて“大爆発”できたら」と目標を掲げた。

DAZZLE所属の高田は盗賊役を担当。「そうそうたる共演者の方々とご一緒しますが、最もイマーシブシアターを経験している僕が、皆さんを引っ張れたら」と抱負を述べ、「僕は投票される5人には含まれませんが、選ばれるようがんばります(笑)。いろいろなものを“盗”みたい」と茶目っ気たっぷりにコメント。雲上の導者役で歌手でもある新里は「“雲上”というくらいなので、2・3階にいることが多そう。歌唱披露にも注目して」と期待を煽り、「僕も本来選ばれることはないですが、何かの間違いで投票してもらえれば」と笑いを交えて述べた。

会見では劇中で観客が投票を行うことにちなみ、フォトセッションで出演者たちがとるポーズが、記者の投票で決定される場面もあった。報道陣は川原、荒木、世界、平野、Toyotakaがそれぞれ考案したポーズに、事前に配布された色札を挙げて投票。世界が提案した、あごに手を当てるポーズに決まると笑いと拍手が起きた。

公演は1月24日から2月4日まで南座にて。なお本作の振付は尾上菊之丞が手がける。

「イマーシブシアター『サクラヒメ』 ~『桜姫東文章』より~」

2020年1月24日(金)~2月4日(火)
京都府 南座

脚本・演出・振付:DAZZLE

キャスト

サクラヒメ:純矢ちとせ

陰陽師:川原一馬
浪人:荒木健太朗
義賊:世界EXILE / FANTASTICS from EXILE TRIBE
鳶:平野泰新MAG!C☆PRINCE
町医者:ToyotakaBeat Buddy Boi

盗賊:高田秀文

雲上の導者:新里宏太

アンサンブル:青木仁美、新井菜央、伊東芽衣、加藤花奈、河合国広、佐藤航、澤村佳子、鈴木麻衣子、野村采可、前田怜奈、増田美咲、村松久瑠美、本橋侑季、吉澤光雄、吉浜あずさ / 坂東はつ花、若柳弥天、藤間京之助、花柳寿紗保美、泉秀彩霞、藤間倭玖河、泉葵三照、香翔なおと

ステージナタリーをフォロー