ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

浜中文一の理想のクリスマスは“家にいる”「ELF The Musical」開幕

1183

左から松本幸大(宇宙Six / ジャニーズJr.)、浜中文一。後列は沙央くらま。

左から松本幸大(宇宙Six / ジャニーズJr.)、浜中文一。後列は沙央くらま。

浜中文一と宇宙Six / ジャニーズJr.の松本幸大がW主演する「ELF The Musical」が、本日12月6日に東京・品川プリンスホテル ステラボールで開幕。これに先駆け同日、囲み取材が実施された。

「ELF The Musical」は、2003年に製作されたコメディ映画「エルフ~サンタの国からやってきた~」を原作に、2010年にアメリカ・ニューヨークのブロードウェイで上演されたミュージカル作品。今回の日本初演版では児玉明子が演出を手がける。

ゲネプロ後に実施された囲み取材には、主演の浜中と松本をはじめとした出演者たちが出席。インタビュアーに意気込みを尋ねられたバディ役の浜中は、表情ひとつ変えずに「楽しみですね、はい」と簡潔にコメント。これを受けたブラザートムが「ウソでもいいから、もうちょっとなんかないの!?」とすかさずツッコみ、続く東山義久が「ウソはダメ!」と茶々を入れると、浜中は苦笑交じりに「本当に楽しみですよ!? 日本初上陸の作品ですから」と続け、記者たちを笑いで包んだ。

12月4日まで上演されていたミュージカル「50Shades!~クリスチャン・グレイの歪んだ性癖~」で主演を務めた浜中は、「あんまりここ数日の記憶がない。ゲネプロも必死でした(笑)」と明かす。今回が初共演の浜中について、マイケル役の松本は「彼は大阪、僕は東京でジャニーズとしてやってきました。文ちゃんのお芝居のすごさは知っていたけど、この短期間で役を作り上げているのが素晴らしいです」と厚い信頼を寄せた。

サンタクロースの扮装で登場したブラザートムは「暑いです。大変ですね、サンタって……でも子供のためこれくらい我慢しないと(笑)」と衣装の感想を語り、「綿とか夢、希望、いろんなものが入っています」と詰め物で膨らんだお腹周りを示す。吉田メタルは「キラキラした素敵なお話です。みんながんばっています」と共演者に視線を送り、沙央くらまは「初めての方々とも、宝塚の“元・雪組チーム”である一路真輝さんや鳳翔大ちゃんともご一緒できてうれしい。家族で楽しめるミュージカルなので、ぜひ観に来ていただけたら」とコメントした。

ブラザートムが「宝塚出身の皆さんって、面白い方たちですよね」と一路に水を向けると、一路は「マイペースな3人なので、皆さんにあきれられています(笑)」と話し、鳳翔も苦笑いで登壇者たちに一礼。さらに東山は「家族に会いに行きたくなるような作品を“ワンチーム”で作っていきますので、よろしくお願いします」とメッセージを送った。

理想のクリスマスの過ごし方を質問された浜中が「えーっと、家にいる」と真顔で即答すると、ブラザートムからは再び「ウソでもいいから明るくしろって!!(笑)」とツッコミが入り、会見場には大きな笑いが起きる。松本は2人のやりとりに笑いながら「生クリームたっぷりのケーキを食べたいです! それから、嵐の相葉雅紀くんが12月24日生まれなのでお祝いしたい」とコメント。さらに「宇宙Sixでクリスマスパーティーをしたいですね。バディにも来てほしい」と浜中に視線を送ると、浜中は「最近宇宙Sixと共演が続いたから、遠慮しようかな……」と冗談を飛ばしつつ、「本当にやるなら行きます(笑)」と笑い交じりに述べた。

上演時間は休憩15分を含む約2時間40分。東京公演は12月15日まで行われ、21・22日には大阪・森ノ宮ピロティホールでも上演される。

「ELF The Musical」

2019年12月6日(金)~15日(日)
東京都 品川プリンスホテル ステラボール

2019年12月21日(土)・22日(日)
大阪府 森ノ宮ピロティホール

原作:映画「エルフ~サンタの国からやってきた~」
脚本:Thomas Meehan、Bob Martin
音楽:Matthew Sklar
歌詞:Chad Beguelin

演出:児玉明子
音楽監督・訳詞:宮崎誠
出演:浜中文一松本幸大(宇宙Six / ジャニーズJr.) / 沙央くらま / 東山義久吉田メタル鳳翔大 / ブラザートム / 一路真輝 ほか

※宮崎誠の「崎」は立つ崎(たつさき)が正式表記。

ステージナタリーをフォロー