ベビー・ピーが移民を描く“旅芝居”「ラプラタ川」が香川、京都へ

30

ベビー・ピーの旅芝居 2019『ラプラタ川』」が9月28・29日に香川・本島 新在家海岸横 空き地、10月4日から6日まで京都・真宗大谷派 岡崎別院 境内で上演される。

「ベビー・ピーの旅芝居 2019『ラプラタ川』」の様子。(撮影:中谷利明)

「ベビー・ピーの旅芝居 2019『ラプラタ川』」の様子。(撮影:中谷利明)

大きなサイズで見る(全5件)

「ベビー・ピーの旅芝居 2019『ラプラタ川』」の様子。(撮影:中谷利明)

「ベビー・ピーの旅芝居 2019『ラプラタ川』」の様子。(撮影:中谷利明)[拡大]

これは、7月にスタートしたベビー・ピーによる“旅芝居”。特設テントで上演される本作は、これまでに福井、長野、新潟、北海道、青森、宮城、群馬、東京、千葉、福岡、長崎、鹿児島、愛媛、高知を巡演してきた。

根本コースケが脚本・演出を手がける今作では、20世紀初頭、日本からブラジルに移住した人々の物語が展開。奴隷商人にだまされ、息子をさらわれた母親は内陸へ向かうが……。キャストには柳原良平、松田早穂、根本らベビー・ピーメンバーのほか、劇団衛星 / ユニット美人の紙本明子、小林欣也、和風レトロのほん多未佳が名を連ねた。

なお香川公演は「瀬戸内国際芸術祭2019」に参加しており、京都公演は「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2019」フリンジ オープンエントリー作品にラインナップされている

この記事の画像(全5件)

「ベビー・ピーの旅芝居 2019『ラプラタ川』」

2019年9月28日(土)・29日(日)
香川県 本島 新在家海岸横 空き地

2019年10月4日(金)~6日(日)
京都府 真宗大谷派 岡崎別院 境内

脚本・演出:根本コースケ
出演:柳原良平、松田早穂、根本コースケ / 紙本明子、小林欣也、ほん多未佳

関連記事

根本コースケのほかの記事

リンク