ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

舞台は放棄された世界「刀ステ」新作に陸奥守吉行・肥前忠広・南海太郎朝尊ら登場

1189

今冬上演される「舞台『刀剣乱舞』」最新作の一部出演者と配役が明らかになった。

これは、本日8月4日に行われた「舞台『刀剣乱舞』慈伝 日日の葉よ散るらむ(じでん ひびのはよちるらん)」の千秋楽で発表されたもの。新作公演には、陸奥守吉行役の蒼木陣、肥前忠広役の櫻井圭登、南海太郎朝尊役の三好大貴、和泉守兼定役の田淵累生、堀川国広役の小西詠斗、鶴丸国永役の染谷俊之が出演する。なお肥前忠広、南海太郎朝尊、和泉守兼定、堀川国広の4振りが「舞台『刀剣乱舞』」シリーズに登場するのは今回が初で、鶴丸国永役の染谷が同シリーズに出演するのは、「舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺」初演以来となる。

またこのたび公開された新作公演のPVにて、「物語の舞台は放棄された世界」「歴史改変された文久土佐藩」「新たなステージへ」という告知がなされた。公演詳細については続報を待とう。

「舞台『刀剣乱舞』」2019年冬最新作

2019年冬

キャスト

陸奥守吉行:蒼木陣
肥前忠広:櫻井圭登
南海太郎朝尊:三好大貴
和泉守兼定:田淵累生
堀川国広:小西詠斗
鶴丸国永:染谷俊之
ほか

(c)舞台『刀剣乱舞』製作委員会 (c)2015-2019 DMM GAMES/Nitroplus

ステージナタリーをフォロー