ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

極上文學シリーズ第14弾は「桜の森の満開の下」、梅津瑞樹ら出演者9名発表

1879

「極上文學」シリーズ第14弾の上演が決定した。

2011年にスタートした「極上文學」は、日本の名作文学を題材とする朗読シリーズ。今回は、第1弾で鈴木拡樹と唐橋充が取り組んだ坂口安吾「桜の森の満開の下」に、梅津瑞樹太田将熙田口涼田渕法明轟大輝松本祐一三上俊宮城紘大山本誠大が挑む。脚本を神楽澤小虎、演出をキムラ真、音楽を橋本啓一が引き続き担当。

公演は12月7日から15日まで東京・新宿FACEにて行われる。チケット情報ほか詳細は続報を待とう。

「本格文學朗読演劇 極上文學 第14弾『桜の森の満開の下』~孤独~」

2019年12月7日(土)~15日(日)
東京都 新宿FACE

原作:坂口安吾
脚本:神楽澤小虎
演出:キムラ真
音楽・演奏:橋本啓一
出演(五十音順):梅津瑞樹太田将熙田口涼田渕法明轟大輝松本祐一三上俊宮城紘大山本誠大 ほか

(c)2019 CLIE/MAG.net

ステージナタリーをフォロー