ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

極上文學シリーズ第14弾「桜の森の満開の下」追加キャストに荒木健太朗

331

「本格文學朗読演劇 極上文學 第14弾『桜の森の満開の下』~孤独~」の追加キャストが発表された。

このたび新たに出演が明らかになったのは荒木健太朗だ。このほか本作には、梅津瑞樹太田将熙田口涼田渕法明轟大輝松本祐一三上俊宮城紘大山本誠大らが出演する。

2011年にスタートした「極上文學」は、日本の名作文学を題材とする朗読シリーズ。第14弾となる今作では、脚本を神楽澤小虎、演出をキムラ真、音楽を橋本啓一が引き続き手がけ、坂口安吾の「桜の森の満開の下」を原作とした作品を立ち上げる。公演は12月7日から15日まで東京・新宿FACEにて。

「本格文學朗読演劇 極上文學 第14弾『桜の森の満開の下』~孤独~」

2019年12月7日(土)~15日(日)
東京都 新宿FACE

原作:坂口安吾
脚本:神楽澤小虎
演出:キムラ真
音楽・演奏:橋本啓一
出演(五十音順):荒木健太朗梅津瑞樹太田将熙田口涼田渕法明轟大輝松本祐一三上俊宮城紘大山本誠大 ほか

(c)2019 CLIE/MAG.net

ステージナタリーをフォロー