ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「ライオン・キング」吹替版のシンバは賀来賢人、佐藤二朗・門山葉子らも出演

120

「ライオン・キング」プレミアム吹替版声優発表イベントより。左から門山葉子、江口洋介、賀来賢人、佐藤二朗、亜生(ミキ)。

「ライオン・キング」プレミアム吹替版声優発表イベントより。左から門山葉子、江口洋介、賀来賢人、佐藤二朗、亜生(ミキ)。

映画「ライオン・キング」プレミアム吹替版で、賀来賢人がシンバの声を担当することがわかった。

これは本日7月8日に東京都内で実施されたイベントで明かされたもの。イベントには同じくプレミアム吹替版キャストより、スカー役の江口洋介、プンバァ役の佐藤二朗、ティモン役の亜生(ミキ)、ナラ役の門山葉子が出席した。

“超実写版”を掲げる本作の収録について、賀来は「難しかったですが、シンバの表情がアニメーションではできないくらい繊細で、どんどん作品に入り込んでいきました。後半になると自分の中にシンバの感覚が入ってきて、不思議な体験でした」と語る。また本作のテーマである“サークル・オブ・ライフ”にちなみ、自身の受け継いできたものや受け渡していきたいものを問われると、賀来は「祖父母や親からは、『ありがとう』と『ごめんなさい』を言える人間になるよう教わってきた。自分の子供にもそれを伝えたい」と回答した。

1994年の同名劇場アニメを新たに映画化した本作は、王家の一族に生まれたライオン・シンバが自身の運命を受け入れ“真の王”となっていく物語。監督はジョン・ファヴローが務めており、ドナルド・グローヴァーがシンバ、ビヨンセがナラに声を当てている。公開は8月9日から全国でスタート。

(c)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

ステージナタリーをフォロー