オヒトリ、七夕の日を描く“少し不思議”な2つの物語を同時期に上演

130

オヒトリ「ありがとうございました。さようなら。またあいましょう。」が7月5日から8日まで、「スーパーウーパールーパー」が7月6・7日に、東京・新宿眼科画廊 スペース地下で上演される。

オヒトリ「ありがとうございました。さようなら。またあいましょう。」チラシ

オヒトリ「ありがとうございました。さようなら。またあいましょう。」チラシ

大きなサイズで見る(全2件)

オヒトリは、寿寿のソロユニット。「ありがとうございました。さようなら。またあいましょう。」と「スーパーウーパールーパー」では、2作品とも共通して、令和元年の七夕に起こる“少し不思議”な物語が描かれる。

上演時間は「ありがとうございました。さようなら。またあいましょう。」が約1時間、「スーパーウーパールーパー」が約30分を予定。なお開演の15分前には、寿とキャストが日替わりで登場するオープニングトークが行われる。

この記事の画像(全2件)

オヒトリ「ありがとうございました。さようなら。またあいましょう。」「スーパーウーパールーパー」

「ありがとうございました。さようなら。またあいましょう。」

2019年7月5日(金)~8日(月)
東京都 新宿眼科画廊 スペース地下

作:寿寿
演出:オヒトリ
出演:大和田あずさ、如月萌、寿寿、田中佑生、中村大悟、真寿美

「スーパーウーパールーパー」

2019年7月6日(土)・7日(日)
東京都 新宿眼科画廊 スペース地下

作:室屋和美
演出:オヒトリ
出演:須藤どらま、長島美穂

全文を表示

関連記事

真寿美のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 真寿美 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします