ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

堀越麗禾ら市川流が三代襲名披露、8月開催の「市川會」に海老蔵・勸玄

202

「『市川會』三代襲名披露」制作発表会見より。左から市川ぼたん、堀越麗禾、市川海老蔵、市川紅梅。

「『市川會』三代襲名披露」制作発表会見より。左から市川ぼたん、堀越麗禾、市川海老蔵、市川紅梅。

日本舞踊市川流の二代目市川紅梅が初代市川壽紅、三代目市川ぼたんが四代目市川翠扇、堀越麗禾が四代目市川ぼたんを襲名する。

これは本日5月12日に東京都内で行われた制作発表会見で発表されたもの。三代襲名披露公演は8月3日から12日まで東京・Bunkamura シアターコクーンで行われ、3人のほか、市川海老蔵と堀越勸玄も出演する。演目は長唄「寿式三番叟」、能楽「舞囃子『高砂』」、「口上」、清元「玉兎」、長唄「羽根の禿」、長唄「京鹿子娘道成寺」。

市川流は、七世市川團十郎が礎を築き、九世團十郎が完成させた日本舞踊の一派。当代の團十郎が責を負い、翠扇の名跡を継ぐ者が総代を担う。海老蔵は、現在は叔母の紅梅が総代、妹のぼたんが補佐を勤めていることを説明し、「翠扇は大変大きな名跡。叔母は謙虚な形を取られる方なので、叔母の了承を得た妹が今回、翠扇の名跡を襲名する運びとなりました」と説明する。

紅梅は「初代市川壽紅を名乗らせていただくことになりました。今後ともよろしくお願いします」、ぼたんは「長年市川流を支えてまいりました叔母の許しと、兄の薦めを頂戴しまして、翠扇の名を四代目として襲名させていただくこととなりました」と挨拶し、海老蔵の娘・堀越麗禾は「このたび私、堀越麗禾は、市川ぼたんの名跡を四代目として相続いたします。どうぞよろしくお願いいたします」としっかりした口調で述べた。

海老蔵は「本日は脇役でここにいますが」と前置きしつつ、「私は父が他界しましたので、倅と三代襲名ができませんでしたが、女性のほうは、叔母と妹と娘が襲名をできる。父も(妻の小林)麻央も喜んでいるのではないかと思います」と感慨深げに語る。また襲名を伝えた際の麗禾の様子について、「『やりたい。ぼたんになりたい』と、はっきり口にしました」と明かし、「私も来年襲名を控えていますが、自分のほうの襲名は重圧を感じる部分が大きいので、こちらの襲名のほうがうれしく感じます(笑)」と話し、会見場を和ませた。

最後に海老蔵は、「市川流は大きな舞踊の一派ではございませんが、立派な劇場で10日間も舞踊の襲名披露公演を行えること、父をはじめ、先祖に感謝しなくてはいけないなと思います」と語り、会見を締めくくった。「『市川會』三代襲名披露」のチケットの先行販売は6月1日にスタート。

「『市川會』三代襲名披露」

2019年8月3日(土)~12日(月・振休)
東京都 Bunkamura シアターコクーン

出演:市川海老蔵、市川紅梅改め初代市川壽紅、市川ぼたん改め四代目市川翠扇、堀越麗禾改め四代目市川ぼたん、堀越勸玄 ほか

ステージナタリーをフォロー