ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

泣く、うめく、吠える!演劇部顧問たちの熱い一夜描く「演劇▽顧問」開幕

159

「演劇▽顧問」より。

「演劇▽顧問」より。

「演劇▽顧問」が、昨日4月26日に東京・神保町花月で開幕した。

□字ック山田佳奈が脚本・演出を手がける本作は、全国高等学校演劇大会の慰労会に集まった各校の顧問の、“正義”を描いた物語。出演者には、□字ックのメンバーをはじめ、しずる池田一真村上純カートヤングバイク川崎バイクヒラノショウダイらお笑い芸人たちが名を連ねている。

物語の舞台は、カラオケが設置された居酒屋の個室。教師の1人が歌う「蒲田行進曲」が流れる中、お局気質の古典教師・日高(日高ボブ美)が、「生徒たちに“不倫劇”を上演させた」と国語教師・山田(山田佳奈)を厳しく追及していた。英語教師・平野(ヒラノ)と国語教師・水野(水野駿太朗)が止めに入るが、事態は収まらない。一方、数学教師・池田(池田)は、審査員・村上(村上)にことあるごとに噛み付き、負の感情をぶつけていた。池田と村上の過去の確執が明らかになると、慰労会はさらに険悪なムードになり……。登場人物は、マイクを片手に独白調で心情を吐露する。

山田、日高、ヒラノ、水野らが、汗をほとばしらせながら泣き、うめき、吠える。彼らが自身の“正義”を盾に、全力でぶつかり合う様に注目だ。一方で、池田や村上、カートヤング、バイク川崎バイクがテンションを抑えた演技で笑いをさらう、俳優と芸人の“守備範囲”の逆転も、本作の見どころの1つ。また、バイク川崎バイクとカートヤングの、どこまでがアドリブかわからないテンポのよい掛け合いに、会場は笑いで包まれた。上演時間は約1時間40分。公演は5月6日まで。

なおステージナタリーでは、「演劇▽顧問」の特集を展開中。稽古場レポートのほか、山田、池田、村上からのコメントも掲載している。

「演劇▽顧問」

2019年4月26日(金)~5月6日(月・振休)
東京都 神保町花月

脚本・演出:山田佳奈
出演:しずるカートヤングバイク川崎バイクヒラノショウダイ日高ボブ美大竹ココ水野駿太朗、山田佳奈

※「演劇▽顧問」の▽はハートマークが正式表記。

ステージナタリーをフォロー