ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

全国巡業「古典への誘い」で市川海老蔵「嫐」、市川右團次「矢の根」上演

43

「市川海老蔵 古典への誘い」ビジュアル

「市川海老蔵 古典への誘い」ビジュアル

市川海老蔵 古典への誘い」が、4月9日の東京・東京国際フォーラム公演を皮切りに、静岡、岡山、大阪、奈良、鹿児島、熊本、宮城、青森、千葉で開催される。

「古典への誘い」は市川海老蔵が企画する全国巡業。今回は2015年のシンガポール公演で海老蔵が復活させた「歌舞伎十八番の内『嫐(うわなり)』」が上演されるほか、「歌舞伎十八番の内『矢の根』」には市川右團次が出演する。

また東京公演の「能楽一調『笠之段』」には、観世九皐会 観世流シテ方 観世喜正、能楽囃子葛野流大鼓方十五世家元 亀井広忠が参加し、鹿児島公演や熊本公演には、人間国宝の亀井忠雄が出演する予定だ。

「市川海老蔵 古典への誘い」

2019年4月9日(火)・10日(水)
東京都 東京国際フォーラム ホールC
※このほか、静岡、岡山、大阪、奈良、鹿児島、熊本、宮城、青森、千葉で開催。

企画:市川海老蔵
出演:市川海老蔵、市川右團次 ほか
演目:「能楽一調『笠之段』」、「歌舞伎十八番の内『矢の根』」、「お目見得『口上』」、「歌舞伎十八番の内『嫐(うわなり)』」

ステージナタリーをフォロー