ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

劇団衛星、ニットキャップら参加の「吉田寮食堂 オールスター感謝祭」本日から

24

「吉田寮食堂 春のオールスター感謝祭 2019」より。

「吉田寮食堂 春のオールスター感謝祭 2019」より。

「吉田寮食堂 春のオールスター感謝祭 2019」が、本日3月22日に京都・京都大学の吉田寮食堂で開幕する。

「吉田寮食堂 春のオールスター感謝祭」は、吉田寮食堂にゆかりのある団体が集い、演劇やコント、落語、大喜利などを披露するイベント。今回の参加団体には、劇団衛星ニットキャップシアター、ベビー・ピー、やみいち行動、ユニット美人、ユリイカ百貨店笑の内閣など約20組が名を連ねている。

本企画のプロデューサー・鍵山千尋は、開幕に際し「吉田寮食堂という場所は、寮生・京大生・大学生のみならず、京都中・関西中の文化活動に関わる人間にとって、はるか以前から文化活動の中心のひとつとなってきました。現在もその役割を果たし、京都の表現活動に貢献し続けています」と思いを述べ、「これだけの幅広い団体が集まるのも、吉田寮食堂の人を繋げる力だと思います。ぜひ多くの方に訪れてほしいと思います」と観客にメッセージを送った。

なお公演期間中には、吉田寮食堂にて交流会が実施されるほか、食堂周辺で市を開催予定。予約は不要、料金はカンパ制となっており、収益は吉田寮存続のための費用として寄付される。公演は3月24日まで。

鍵山千尋コメント

過去・現在・未来の吉田寮食堂使用者団体で集まって、演劇を中心としたイベントを行います。
吉田寮食堂という場所は、寮生・京大生・大学生のみならず、京都中・関西中の文化活動に関わる人間にとって、はるか以前から文化活動の中心のひとつとなってきました。現在もその役割を果たし、京都の表現活動に貢献し続けています。
今回、吉田寮に縁のある多くの団体が集まってくれました。20年以上前に吉田寮食堂で旗揚げ公演を行い、現在は全国的に活躍している劇団や、今現在吉田寮食堂近辺を中心に活動している若手の劇団等、全国から様々な団体・個人が吉田寮存続のために集結しました。これだけの幅広い団体が集まるのも、吉田寮食堂の人を繋げる力だと思います。
ぜひ多くの方に訪れてほしいと思います。

「吉田寮食堂 春のオールスター感謝祭 2019」

2019年3月22日(金)~24日(日)
京都府 京都大学 吉田寮食堂

出演:後付け、岡嶋秀昭、岡本昌也、喀血劇場、北川啓太、劇団衛星、劇団なかゆび、陣内幸史郎とインプロ、玉子亭掛御飯、ニットキャップシアター、福田恵、ベビー・ピー、やみいち行動、ユニット美人、ユリイカ百貨店、ヨーロッパ仁鶴、吉田寮しばい部CAPITAL、√12、笑の内閣 ほか

ステージナタリーをフォロー