ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「怜々蒐集譚」上演に向け溝口琢矢「わくわくしていただける作品作りを」

871

Zu々プロデュース キネマ(映画)&キノドラマ(舞台)連動興行「怜々蒐集譚(Reirei Syusyu Tan)」キノドラマ(舞台)版の稽古より。

Zu々プロデュース キネマ(映画)&キノドラマ(舞台)連動興行「怜々蒐集譚(Reirei Syusyu Tan)」キノドラマ(舞台)版の稽古より。

2月に行われるキネマ(映画)&キノドラマ(舞台)連動興行「怜々蒐集譚(Reirei Syusyu Tan)」より、キノドラマ(舞台)版の稽古の様子と、キャストのコメントが到着した。

石原理のマンガ「怜々蒐集譚」(リブレ)を、三宅優率いるZu々プロデュースが映画&舞台化し、東京・新国立劇場 小劇場で上映および上演する本企画。舞台版では脚本・演出を八鍬健之介、映画版では監督を武島銀雅、脚本を潮楼奈和が務める。

大正末期、雪山で遭難した小説家・烏鷺公外(相葉裕樹)の未発表原稿が、同業者である乙貝紅葉(相馬圭祐)の自宅で発見された。ある理由で烏鷺と決別した乙貝が、烏鷺の原稿を所有していた理由とは。その謎に人気挿絵師の出泉七朗(藤原祐規)、新人編集者の南(溝口琢矢)、歌舞伎俳優の幽興斎葛葉(味方良介)が迫る。

キノドラマでは、出泉と南、葛葉の3人を中心にストーリーが展開。溝口は演出の八鍬に対し「丁寧に丁寧に伝えてくださいますし、それにお応えできるようにやらなきゃなと」と信頼を寄せ、「次から次へとわくわくしていただける作品作りがしたい」と意気込む。また藤原は、キネマとキノドラマで展開していく本作の楽しみ方について「キノドラマ、キネマ、キノドラマの順に見るのがいいんじゃないかなあって」と言い、「どちらも1回だけ観ても楽しめると思うんですが、『この人間にはこういう思いがあった』という答え合わせをしながらもう1度(キノドラマを)観ると、違う視点で深いところまで見られるんじゃないかと。“サンドイッチ”で観るのがおすすめですね」とメッセージを送った。

公演は2月16日から27日まで。

Zu々プロデュース キネマ(映画)&キノドラマ(舞台)連動興行「怜々蒐集譚(Reirei Syusyu Tan)」

2019年2月16日(土)~27日(水)
東京都 新国立劇場 小劇場

原作:石原理「怜々蒐集譚」シリーズ(リブレ)(c)Satoru Ishihara / libre 2018

キノドラマ(舞台)

脚本・演出:八鍬健之介

キネマ(映画)

監督:武島銀雅
脚本:潮楼奈和

キャスト

南:溝口琢矢
出泉七朗:藤原祐規
幽興斎葛葉:味方良介

来島:鯨井康介
烏鷺公美子:瀬戸早妃 ※キノドラマ(舞台)のみ出演。

吉乃:宮地花衣 ※キノドラマ(舞台)のみ出演。
カフェ<書簡集>ボーイ:野尻大介
郵便配達人:鈴木ハルニ ※キネマ(映画)のみ出演。
医者:岸博之 ※キノドラマ(舞台)のみ出演。
カフェの客:伊藤亜斗武 ※キネマ(映画)のみ出演。
カフェ<書簡集>女給:宮下舞花

乙貝紅葉:相馬圭祐

烏鷺公外:相葉裕樹 ※キノドラマ(舞台)では声のみ出演。

ほか

ステージナタリーをフォロー