上方落語の祖・米沢彦八の半生描く「天下一の軽口男」主演は駿河太郎

556

「『天下一の軽口男』笑いの神さん 米沢彦八」が、2月1日から17日まで大阪・大阪松竹座で上演される。

「『天下一の軽口男』笑いの神さん 米沢彦八」チラシ

「『天下一の軽口男』笑いの神さん 米沢彦八」チラシ

大きなサイズで見る

「天下一の軽口男」は、上方落語の祖と呼ばれる米沢彦八の半生を描いた木下昌輝の小説。脚本を森脇京子、演出を堤泰之が手がける舞台版「『天下一の軽口男』笑いの神さん 米沢彦八」には、主人公・米沢彦八役の駿河太郎をはじめ、豪商の娘・里乃役の田中美里、女ながら絵師を志す石川千佳役の谷村美月、役者を目指す漆塗屋の息子・鹿野武左衛門役の室龍太(関西ジャニーズJr.)が出演する。

このほか出演者には、落語家の桂雀三郎、桂塩鯛、桂団朝、お笑い芸人の池乃めだか内場勝則、さらに西川忠志、OSK日本歌劇団元トップスターの高世麻央といった面々が顔をそろえた。チケットの一般販売は1月4日10:00にスタート。

「『天下一の軽口男』笑いの神さん 米沢彦八」

2019年2月1日(金)~17日(日)
大阪府 大阪松竹座

作:木下昌輝(「天下一の軽口男」幻冬舎)
脚本:森脇京子
演出:堤泰之

キャスト

米沢彦八:駿河太郎
里乃:田中美里
石川千佳:谷村美月
鹿野武左衛門:室龍太(関西ジャニーズJr.)

桂雀三郎、桂塩鯛、桂団朝 / 池乃めだか内場勝則西川忠志 / 高世麻央 / 桂春團治 / 酒井くにお・とおる、笑福亭銀瓶 / 曽我廼家玉太呂、江口直彌、里美羽衣子

全文を表示

関連記事

駿河太郎のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 駿河太郎 / 田中美里 / 谷村美月 / 室龍太 / 桂雀三郎 / 池乃めだか / 内場勝則 / 西川忠志 / 高世麻央 / 桂春團治 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします