ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

モモコンがワークインプログレス、木下順二の民話劇がベース「となりの誰か~」

22

モモンガ・コンプレックス vol.13 新作公演に向けたワークインプログレス「となりの誰か、向こうの何か。(仮)」チラシ

モモンガ・コンプレックス vol.13 新作公演に向けたワークインプログレス「となりの誰か、向こうの何か。(仮)」チラシ

モモンガ・コンプレックス「となりの誰か、向こうの何か。(仮)」が、9月6日から9日まで東京・森下スタジオ スタジオAで上演される。

本作は、新作公演に向けたモモンガ・コンプレックスのワークインプログレス。来年2019年3月末に行われる神奈川・若葉町ウォーフでの本公演に向け、作品の上演と観客を交えての意見交換会を行う。

モチーフにするのは木下順二の民話劇「二十二夜待ち」。出演者に内海正考、岡田智代、加藤典子、南波圭仁科幸、塙睦美らを迎え、シュールかつ情緒ある振付で人間の本質をあぶり出す。

モモンガ・コンプレックス vol.13 新作公演に向けたワークインプログレス「となりの誰か、向こうの何か。(仮)」

2018年9月6日(木)~9日(日)
東京都 森下スタジオ スタジオA

振付・演出:白神ももこ
出演:臼井梨恵(Wキャスト / 9月6日、8日に出演)、北川結、夕田智恵、白神ももこ / 内海正考、岡田智代、加藤典子、南波圭仁科幸(Wキャスト / 9月7日、9日に出演)、塙睦美

ステージナタリーをフォロー