白神ももこ

白神ももこ

シラガモモコ

東京都出身。演出家・振付家・ダンサー、モモンガ・コンプレックス主宰。自ら作・演出を手がけるモモンガ・コンプレックスを“ダンス・パフォーマンス的グループ”と名付け、ダンス的な要素を用いながら世界の端っこに焦点をあてる。「ご多分にもれず、ふつう。」「となりの誰か、向こうの何か。」といったカンパニー作品以外に、フェスティバル/トーキョー14「春の祭典」(美術:毛利悠子、音楽:宮内康乃)、木ノ下歌舞伎「隅田川」(共同演出:木ノ下裕一、杉原邦生)などの演出作がある。2019年4月より、富士見市民文化会館キラリ☆ふじみの芸術監督に就任。

リンク

関連する画像