ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

カラス・アパラタス開館6周年「火傷の季節」、勅使川原三郎「今後も強い創作意志で」

42

勅使川原三郎による「アップデイトダンス」シリーズの「火傷の季節」が、8月18日から26日まで東京のカラス・アパラタス B2ホールで上演される。

カラス・アパラタスの開館6周年を記念して上演される本作。演出・照明・出演を務める勅使川原はこれまでを振り返り、「発見と喜びの連続でしたが、今後も強い創作意志で活動をつづけます。ご来場される方々はアパラタス(装置の意)にとってのエンジンです、呼吸における空気でもあります。これからもよろしくお願いします」とコメントしている。

なお開館6周年第2弾は勅使川原と佐東利穂子とのデュエット「幻」が上演される予定。

アップデイトダンスシリーズ No.53「火傷の季節」

2018年8月18日(土)~26日(日)
東京都 カラス・アパラタス B2ホール

出演・演出・照明:勅使川原三郎

ステージナタリーをフォロー