ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

元ニュートンズ・吉田吏志が“劇レーベル”始動、ねぇカルチャー「コメディリック」

23

ねぇカルチャーによる喜劇ライブ「コメディリック」が、7月20日に東京・ラスタ原宿で上演される。

ねぇカルチャーは、元ニュートンズの吉田吏志がテオ・ポーに改名して主宰する“劇レーベル”。毎月開催予定の「コメディリック」は、テオ・ポーが作・演出を手がけるオムニバス公演で、彼に加え、ペイリー・チャイルド(倫平)、シロスコフ(白土良介)、野彦(齋藤大貴)がレギュラー出演する。なお本作はR15+指定作品となっており、上演時間は約1時間10分を予定している。

テオ・ポー コメント

テオ・ポーが気が付いたら書いていた台本を随時上演して参ります。この世で一番よくできた人に「コメディリックは人類にとってのワクワクワクチンだ!」と言ってもらえるように頑張ります。皆様のご来場を出演者・スタッフ一同、心よりお待ちしております。

ねぇカルチャー「コメディリック」第1回

2018年7月20日(金)
東京都 ラスタ原宿

作・演出:テオ・ポー
出演:テオ・ポー、ペイリー・チャイルド、シロスコフ、野彦 ほか

ステージナタリーをフォロー