ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

モーニング娘。主演「ファラオの墓」、石田亜佑美「感情を最大限にお伝えしたい」

171

演劇女子部「ファラオの墓~蛇王・スネフェル~」公開ゲネプロより。

演劇女子部「ファラオの墓~蛇王・スネフェル~」公開ゲネプロより。

モーニング娘。'18が主演する「ファラオの墓~蛇王・スネフェル~」が、本日6月1日に東京・池袋サンシャイン劇場で開幕。これに先駆けて昨日5月31日に公開ゲネプロと囲み取材が行われた。

本作は竹宮惠子のマンガ「ファラオの墓」を原作とした舞台。昨年2017年6月には、サリオキスとスネフェルの2人を主人公としたバージョンが上演されたが、今回は“蛇王”と恐れられたウルジナ国国王のスネフェルを軸に、母メリエト皇太后との確執や、婚約者アンケスエン、美しい少女ナイルキアを巡る物語が展開する。

前作に引き続き、清水有生が脚本、太田善也が演出を担当。スネフェル役には石田亜佑美、サリオキス役に加賀楓、ナイルキア役に小田さくら、アンケスエン役に牧野真莉愛がキャスティングされ、メネプ神官役を清水佐紀、ケス宰相役を扇けい、メリエト皇太后役を汐月しゅうが演じる。公開ゲネプロではエンディングの約20分のシーンが披露され、石田演じるスネフェル、加賀演じるサリオキスを中心に白熱した殺陣が繰り広げられた。

囲み取材には石田、加賀、小田、牧野、扇、汐月が登壇。石田は昨年に続きスネフェル役を演じることについて、「前回も観てくださった方は、もしかしたら『またあのカッコいいスネフェルに会えるのかな』と想像して待っててくださるのかもしれないけど、前回と同じものをやってもつまらないと思います」と述べ、「今回は今回しかないスネフェルの表情を見せられるように稽古を積んできました」と振り返る。前作のイザイ役に続き、男性キャラクターのサリオキスを演じる加賀は、「もともと剣道をやっていたので、殺陣のシーンで見せ場を作っていきたい」と意気込みを語った。

記者から「役にハマってると思う人は?」と質問されると、石田はナイルキア役の小田について「(小田は)前回まで舞台で男役をやることが多かったけど、女性らしい魅力を人一倍見せることのできる人なんです。コンサートでもメンバーの誰よりも女性らしく見せている子なので、今までの舞台ではそれを封印してたけど、今回は『はい、私かわいいです!』みたいな部分を存分に出している」と解説。小田は自身の真似をする石田に対して「そんなんじゃないですよ!」とツッコミを入れつつ、「去年までは声を低くするのが大変で。今年は『お兄様!』って言える立場になったので、私の本領発揮だわ!という気持ちになってます」と心境の変化を話した。

加賀は前作で女性のナイルキア役を務め、今回は男性のイザイ役を演じる野中美希のことに触れ、「ギャップに注目です。去年の野中さんもすごくかわいらしくて好きだったんですけど、イザイ役の男前な野中さんもカッコよくて、どっちの役をやっていても好き」と告白。続く牧野は「私は加賀楓ちゃんのサリオキスがすごくハマってると思っていて。真っ直ぐな目をしているサリオキスを見て『カッコいい! 好きになりそう!』って思ってます」と茶目っ気たっぷりに答えた。

また記者から「前回公演と比較してモーニング娘。のメンバーが変わったと思う部分は?」と尋ねられた扇が「久しぶりに会った感覚だと、大人っぽくなったなと」と答えると、メンバーたちは歓声をあげる。同じ質問を受けた汐月が「どうでしょう? 私はあんまりわからない(笑)」と回答すると、すかさず石田は「(汐月)しゅうさんは日頃からモーニング娘。のファンで、私が先日出した写真集も買ってくださったみたいで(笑)。だから私たちの成長を常に見ててくれてるんです」とエピソードを明かす。これに対し汐月は「近くで情熱を感じられてうれしい」とコメントした。

さらに小田が、座長を務める石田の本作に対する姿勢を絶賛すると、石田は「『あなたの代わりはいない。あなたが座長でよかった』と思ってもらえる本気のお芝居を見せたいと思います」と意気込み、「舞台は新たな自分たちを見せられるチャンスの場。それぞれ役に入り込んで、自分たちの感情を最大限にお伝えしていけるようにがんばりたいと思います。6月19日と20日に日本武道館でのコンサートもあるので、ここで得た表現力を武道館の公演でも生かしていけるようにがんばります!」と締めくくった。

「ファラオの墓~蛇王・スネフェル~」の東京公演は6月10日まで、6月15日から17日までは大阪・大阪メルパルクホールにて上演される。

演劇女子部「ファラオの墓~蛇王・スネフェル~」

2018年6月1日(金)~10日(日)
東京都 池袋サンシャイン劇場

2018年6月15日(金)~17日(日)
大阪府 大阪メルパルクホール

原作:竹宮惠子「ファラオの墓」(小学館 / 中公文庫コミック版)
脚本:清水有生
演出:太田善也
音楽:和田俊輔

キャスト

スネフェル:石田亜佑美
サリオキス:加賀楓
ナイルキア:小田さくら
アンケスエン:牧野真莉愛
トキ:譜久村聖
イザイ:野中美希
アリ:森戸知沙希
パビ:羽賀朱音
ネルラ:飯窪春菜
ルー:横山玲奈
マリタ:生田衣梨奈
ジク:佐藤優樹
(以上、モーニング娘。'18

メネプ神官:清水佐紀
ケス宰相:扇けい
メリエト皇太后:汐月しゅう

サライ / アンサンブル:北林明日香
アンサンブル:石井杏奈、小野田暖優(以上、演劇女子部)、堀江葵月、前田こころ、野口胡桃(以上、ハロプロ研修生

(c)竹宮惠子/小学館

ステージナタリーをフォロー