ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

“誰も見たことがない一人芝居”、小沢道成「Brand new OZAWA mermaid!」開幕

178

「EPOCH MAN 新作ひとり芝居『Brand new OZAWA mermaid!』」より。(photo by moco)

「EPOCH MAN 新作ひとり芝居『Brand new OZAWA mermaid!』」より。(photo by moco)

「EPOCH MAN 新作ひとり芝居『Brand new OZAWA mermaid!』」が、昨日5月5日に東京・APOC THEATERで開幕した。

EPOCH MANは、小沢道成が2013年に始めた演劇プロジェクト。「人魚姫」をモチーフとした小沢の一人芝居「Brand new OZAWA mermaid!」では、作・演出・美術を小沢が担当し、ドラマーのマルシェII世が演奏で参加。さらに劇団鹿殺しのオレノグラフィティが劇中歌を提供している。

開幕に際し、小沢は「とにかく多くの“楽しみたい”人たちに思いっきり楽しんでもらいたくて、つくってみました。小沢道成が贈るひとりでは実現できない、おそらくまだ誰も見たことがない一人芝居を、ぜひ目撃しにいらしてください」と観客に呼びかけた。上演時間は約1時間20分。公演は5月20日まで。

小沢道成コメント

スペシャリストたちが揃いました。
舞台美術も、そこから現れる仕掛けの数々も、いろんな表情で驚かせてくれる照明も、僕の相手役とも言える音響も、見ているだけで幸せになる衣裳も、発想が面白すぎるヘアメイクも、そして、小劇場の空間で贅沢すぎるドラムの生音、演劇が好きな人も、映画が好きな人も、音楽が好きな人も、とにかく多くの“楽しみたい”人たちに思いっきり楽しんでもらいたくて、つくってみました。
小沢道成が贈るひとりでは実現できない、おそらくまだ誰も見たことがない一人芝居を、ぜひ目撃しにいらしてください。

「EPOCH MAN 新作ひとり芝居『Brand new OZAWA mermaid!』」

2018年5月5日(土・祝)~20日(日)
東京都 APOC THEATER

作・演出・美術:小沢道成
楽曲提供:オレノグラフィティ
出演:小沢道成
ドラムパーカッション演奏:マルシェII世

ステージナタリーをフォロー