ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

インタビュー映像の上映と演劇を2部構成で、文字の劇場「ドキュメンタリー」

64

文字の劇場「ドキュメンタリー」が、4月28・29日に東京・SCOOLで上演される。

文字の劇場は、代表の三宅一平が2015年に立ち上げた団体。今作では、俳優や演出家、研究者へのインタビューを映像作品として上映すると共に、インタビューを進めていく中で構成した戯曲を、演劇として上演する。約60分の上映と約80分の上演の2部構成となっており、演劇にはアイダミツル、生実慧、桐澤千晶、西山真来が出演。

また橋本昌幸が手がけた映像には、音楽家・ダンス批評家の桜井圭介、アートプロデューサーの相馬千秋、鳥公園の西尾佳織、マレビトの会の松田正隆、演劇研究・批評家の山崎健太らが登場する。

文字の劇場 #2「ドキュメンタリー」

2018年4月28日(土)・29日(日・祝)
東京都 SCOOL

作・演出:三宅一平
映像:橋本昌幸
出演:アイダミツル、生実慧、桐澤千晶、西山真来
映像出演:犬飼勝哉、黒木洋平、桜井圭介、ジャン=フィリップ・マルタン、関田育子相馬千秋、ソン・ヘジョン、西尾佳織、福井歩美、松田正隆、山崎健太、山科圭太、弓井茉那、横堀応彦、我妻直弥

※山崎健太の「崎」は立つ崎(たつさき)が正式表記。

ステージナタリーをフォロー