ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

ミュージカル座「スペリング・ビー」再演に河西智美、辞書だけが友達の少女役

48

ミュージカル座「ブロードウェイ・ミュージカル『スペリング・ビー』」が5月23日から27日まで東京・六行会ホールで上演される。

本作は作曲・作詞をウィリアム・フィン、脚本をレイチェル・シェインキンが手がけ、2004年にオフブロードウェイで初演されたミュージカル。翌年05年にはブロードウェイでも上演され、トニー賞2部門を受賞した。ミュージカル座では16年に、芝田未希の翻訳・訳詞、菊地まさはるの演出により上演された。再演となる今回は、菊地が上演台本も担当し、小・中学生が英単語のスペルをつづるアメリカのコンテスト“スペリング・ビー”を題材にした物語を立ち上げる。

辞書だけが友達の孤独な少女・オリーブ役を河西智美が演じるほか、出演者には柳瀬大輔、菊地まさはるらが名を連ねている。なお本作はシングルキャストの河西、柳瀬、菊地を除き、月組と星組のWキャストで公演を行う。

ミュージカル座「ブロードウェイ・ミュージカル『スペリング・ビー』」

2018年5月23日(水)~27日(日)
東京都 六行会ホール

作曲・作詞:ウィリアム・フィン
脚本:レイチェル・シェインキン
翻訳・訳詞:芝田未希
上演台本・演出:菊地まさはる
出演:河西智美 / 澄人、町田慎之介、須藤香菜、加藤万葉、杉浦奎介、佐久間雄生、春日希、小松春佳、志村知紀、宮原健一郎、浅野実奈子、佐渡寧子、川島大典、大野朋来 / 柳瀬大輔、菊地まさはる

ステージナタリーをフォロー