劇団女体盛り「吐露」現代人の居場所にまつわる物語をユーロビートに乗せて

30

劇団女体盛り「吐露」が、3月23日から27日まで東京・新宿眼科画廊 スペースOで上演される。

劇団女体盛り 第5回公演「『現代童話』~ふうぞくの恩返し~」より。

劇団女体盛り 第5回公演「『現代童話』~ふうぞくの恩返し~」より。

大きなサイズで見る(全6件)

劇団女体盛り 第6回公演「吐露」チラシ表

劇団女体盛り 第6回公演「吐露」チラシ表[拡大]

桜美林大学芸術文化学群演劇専修出身で、演劇企画集団THE・ガジラの鐘下辰男に師事した菊池遥が主宰を務める劇団女体盛り。渋谷の路上を舞台とした今作では、行き場のない現代人の“居場所”にまつわる物語をユーロビートに乗せて描く。

浮気のせいで大学での居場所を失い、渋谷の路上でパラパラを踊る集団に出会う英、路上で踊ることに人生の喜びを見出す祥子、彼女に理想の母親象を投影する自傷癖のある美香といった人々が登場。夜な夜な練習に打ち込む彼らは、パラパラ大会の参加を巡り、屈折した一面を露呈していく。出演者には小野涼平、サガラコウキ、林愛子、牧野つくしが名を連ねた。

この記事の画像(全6件)

劇団女体盛り 第6回公演「吐露」

2018年3月23日(金)~27日(火)
東京都 新宿眼科画廊 スペースO

作・演出:菊池遥
出演:小野涼平、サガラコウキ、林愛子、牧野つくし

全文を表示

劇団女体盛りのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 劇団女体盛り / 菊池遥 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします