ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

バレエ「ドラゴンクエスト」芸術祭で再び、すぎやまこういち「人の心を動かす」

538

スターダンサーズ・バレエ団「バレエ『ドラゴンクエスト』」より。(c)KiyonoriHasegawa

スターダンサーズ・バレエ団「バレエ『ドラゴンクエスト』」より。(c)KiyonoriHasegawa

スターダンサーズ・バレエ団「バレエ『ドラゴンクエスト』」が、5月12・13日に神奈川・昭和音楽大学内のテアトロ・ジーリオ・ショウワで上演される。

スクウェア・エニックスのRPG「ドラゴンクエスト」とバレエが融合した本作は、1995年に初演された同バレエ団のオリジナル作品。作曲家・すぎやまこういちの音楽と共に、ゲームの世界観さながらの迫力とスピーディな演出で繰り広げられる。2017年には舞台美術を一新し、神奈川県川崎市の芸術祭「アルテリッカしんゆり」で上演。今回も同芸術祭のプログラムとして実施される。

作曲のすぎやまは本作について「視覚と聴覚を通じて人の心を動かすバレエ音楽とゲーム音楽は、通じるものがあると思います」と述べ、「ドラゴンクエスト」シリーズのゲームデザイナーである堀井雄二は「ドラクエの世界観でワクワクしながらカジュアルに、しかし壮大で美しいドラクエバレエ。いつの間にか惹き込まれている自分がいます」と語っている。なお開演20分前には総監督の小山久美によるプレトークが行われる。

スターダンサーズ・バレエ団 5月公演「バレエ『ドラゴンクエスト』」

2018年5月12日(土)・13日(日)
神奈川県 テアトロ・ジーリオ・ショウワ(昭和音楽大学内)

総監督:小山久美
台本:河内連太(堀井雄二原作による)
演出・振付:鈴木稔
音楽:すぎやまこういち
指揮:田中良和

キャスト

5月12日(土)
白の勇者:林田翔平
黒の勇者:池田武志
王女:渡辺恭子
ほか

5月13日(日)
白の勇者:加藤大和
黒の勇者:高谷遼
王女:荒蒔礼子
ほか

※高谷遼の「高」ははしご高が正式表記。

ステージナタリーをフォロー