神木とされる巨木と人々の物語、空の驛舎「かえりみちの木」名古屋と伊丹で

38

空の驛舎「かえりみちの木」が、昨日2月24日に愛知・ナビロフトにて開幕した。

空の驛舎 第22回公演「かえりみちの木」チラシ表

空の驛舎 第22回公演「かえりみちの木」チラシ表

大きなサイズで見る(全2件)

都心から離れたとある村で神木とされている1本の巨木と、そこに集まる人々の姿を描く本作。変化の激しい人間たちを、巨木はずっと見つめていて……。

愛知公演は本日2月25日まで。その後、3月16日から18日に兵庫のAI・HALLにて上演される。なお本作はナビロフト×想流私塾 交流企画<Visitors>参加作品およびAI・HALL提携公演となっている。

この記事の画像(全2件)

空の驛舎 第22回公演「かえりみちの木」

2018年2月24日(土)・25日(日)
愛知県 ナビロフト

2018年3月16日(金)~18日(日)
兵庫県 AI・HALL

作・演出:中村ケンシ
出演:石塚博章、中村京子、三田村啓示、津久間泉、河本久和、イトウエリ / 金子順子、北村守、コタカトモ子

全文を表示

関連記事

空の驛舎のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 空の驛舎 / 中村ケンシ / 中村京子 / 北村想 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします