ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

名古屋の“演劇力”集結、愛知出身の小酒井不木を巡る「科学する探偵」

98

名古屋市芸術創造センター演劇アカデミー修了公演「科学する探偵~名古屋から乱歩を支えた作家・小酒井不木の生涯~」が2月24・25日に愛知・名古屋市芸術創造センターにて上演される。

本公演は、次世代を担うアーティストの育成を目的に、愛知・名古屋市芸術創造センターが、名古屋を中心に活動するアーティストを講師に迎えて隔年で行っている演劇アカデミーの修了公演。オーディションで選ばれた十代から六十代までの受講生たちが、半年にわたるワークショップを体験し、プロの俳優と共に本作の舞台に立つ。

今回上演される「科学する探偵」は、劇団ジャブジャブサーキット・はせひろいちによる書き下ろしミステリー。愛知県蟹江町出身の医学者であり探偵小説作家の小酒井不木を巡る物語だ。キャストには演劇アカデミー受講生のほか、劇団B級遊撃隊の佃典彦、少年王者舘の天野天街、火田詮子、KUDAN Projectの小熊ヒデジが名を連ねている。

名古屋市芸術創造センター演劇アカデミー修了公演「科学する探偵~名古屋から乱歩を支えた作家・小酒井不木の生涯~」

2018年2月24日(土)・25日(日)
愛知県 名古屋市芸術創造センター

作・演出:はせひろいち
出演:演劇アカデミー受講生、佃典彦天野天街、火田詮子、小熊ヒデジ

ステージナタリーをフォロー