ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

エドワード・クレバンの自伝的作品が日本初演、主演は石井一彰

204

AKA Compnayによる「A CLASS ACT」が、3月22日から25日まで東京・東京芸術劇場 シアターウエストにて上演される。

カタシマオフィスがプロデュースを手がけるAKA Compnayは、海外ミュージカルを輸入して上演している団体。第3回公演となる本作では、ミュージカル「コーラスライン」の作詞家エドワード・クレバンの自伝的ミュージカルが日本で初めて上演される。

アメリカ・ニューヨークのブロードウェイで、自作のミュージカルが上演されることを夢見るエド。しかし彼を待っていたのは、華やかな世界の裏側にある厳しい現実だった。主人公のエド役を演じるのは石井一彰。このほかキャストには池谷祐子、中井智彦、秋夢乃、染谷洸太、岡村さやか、福井将太、白鳥光夏といった面々が名を連ねている。

AKA Compnay 第3回公演「A CLASS ACT」

2018年3月22日(木)~25日(日)
東京都 東京芸術劇場 シアターウエスト

作詞・作曲:エドワード・クレバン
脚本:リンダ・クライン、ロニー・プライス
翻訳・訳詞・演出:片島亜希子
音楽監督・編曲:大部胡知

キャスト

エド・クレバン:石井一彰
ソフィー:池谷祐子
レーマン・エンジェル:中井智彦
フェリシア:秋夢乃
ボビー:染谷洸太
ルーシー:岡村さやか
チャーリー:福井将太
モナ:白鳥光夏

ステージナタリーをフォロー