ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

京都府文化賞奨励賞を杉原邦生・久門剛史が受賞、功労賞に名和晃平

57

第36回(平成29年度)京都府文化賞の受賞者が発表された。

特別功労賞を受賞したのは、日本舞踊家の井上かづ子、井上政枝ら。俳優の中村玉緒や、ダミアン・ジャレとの共作「VESSEL」で知られる彫刻家の名和晃平、芸術文化プロデューサーの西尾智子らが功労賞を獲得し、KUNIO杉原邦生、能楽師の豊嶋晃嗣、チェルフィッチュ「部屋に流れる時間の旅」で音・舞台美術を手がけた美術家の久門剛史らが奨励賞を受賞した。

京都府文化賞は、京都文化の向上に貢献した功労者を顕彰する賞。授賞式は1月31日11:00から京都・京都府公館 レセプションホールにて行われる。

第36回(平成29年度)京都府文化賞

特別功労賞

井上かづ子(日本舞踊家)
井上政枝(日本舞踊家)
佐藤文隆(理論物理学者)
土肥みゆき(ピアニスト)
山田慶兒(科学史家)

功労賞

岡村倫行(日本画家)
桂塩鯛(落語家)
小林尚美(ファイバーアーティスト)
中村玉緒(俳優)
名和晃平(彫刻家)
西尾智子(芸術文化プロデューサー)
野田弥生(箏曲家)
面屋庄甫(京人形司)

奨励賞

杉原邦生(演出家・舞台美術家)
高橋拓児(料理人)
豊嶋晃嗣(能楽師)
中村宗哲(塗師)
久門剛史(美術家)

※高橋拓児の「高」ははしご高が正式表記。

ステージナタリーをフォロー