ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

玉城裕規「情景を楽しみながら臨んだ」アーティストブック発売記念イベント

647

「月刊玉城裕規発刊記念&月刊和装パネル展2017」囲み取材より。玉城裕規。

「月刊玉城裕規発刊記念&月刊和装パネル展2017」囲み取材より。玉城裕規。

アーティストブック「月刊 玉城裕規×小林裕和」の発売記念イベントが、昨日12月16日に東京・発明会館にて行われた。また同日から開催のパネル展「『月刊』×新世代俳優×小林裕和 2017展【七人の俳優】」に併せ、会場の東京・HMV&BOOKS TOKYOにて玉城裕規登壇の囲み取材が開かれた。

玉城の32歳の誕生日である12月17日に刊行される本書は、ムック写真集「月刊」を手がける写真家・小林裕和と舞台俳優によるコラボ企画の第7弾。「クリムトの絵になりたい」という玉城の願いを実現すべく、Vivienne Westwood、HERMESなどを手がけるメゾンコレクションのチームディレクターを務めたMASA HONDAをアートディレクターに迎えて制作された。

フランス・ルーヴル美術館を訪れた際に、クリムトの絵画に心を奪われたという玉城は、「初めて観た瞬間、綺麗としか言えなかった」と、その印象を語る。またアーティストブック撮影時の心境を「そのときそのときの情景を楽しみながら臨みました」と述べ、話題が顔の左半分に金箔を貼り付けた表紙カットに及ぶと、「撮っていた瞬間から表紙になるカットだと確信しました」と振り返った。

取材直前に行われた発売記念イベントについて玉城は、「ファンの皆さんへ一番身近に感謝を伝えられる場で、嬉しかった」とコメント。記者からの「2017年を振り返って」という質問に対しては「舞台に2本出演させていただいたり、仕事面は充実していたのですが、 オン・オフの切り替えが上手くいかなくて、プライベートが充実できなかったです」と苦笑い。オフの過ごし方について聞かれると「散歩に出かけたり、温泉へ足を運んだりして、自分なりの気分転換を図りました」と答えた。

さらに来年2018年の抱負について「役者として、より身近なリアル感・人間味を出していきたい」と宣言しつつ「身近な出来事を通して起こり得る作品・作風が好きだからこそ、ありきたりの普通のことをもっと好きになって、自分の仕事に生かして追求していきたいので、来年もよろしくお願いします!」と締めくくった。

なおパネル展「『月刊』×新世代俳優×小林裕和 2017展【七人の俳優】」は1月8日まで開催。玉城に加え、佐藤流司小澤廉染谷俊之植田圭輔中村優一太田基裕の写真が展示される。

「『月刊』×新世代俳優×小林裕和 2017展【七人の俳優】」

2017年12月16日(土)~2018年1月8日(月・祝)
東京都 HMV&BOOKS TOKYO

ステージナタリーをフォロー