ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

30歳迎えた中村優一「自慢のお尻を見てもらえてうれしい」、「月刊」発売イベント

149

中村優一

中村優一

アーティストブック「月刊 中村優一×小林裕和」の発刊記念イベントが、10月8日に都内で行われた。

中村優一の30歳の誕生日に合わせて発売された本書は、ムック写真集「月刊」をプロデュースする写真家・小林裕和と舞台俳優によるコラボ企画の第5弾。中村自身が「最後の写真作品」と語り、彼の10年来の親友であるHyuma Charles CheeseCakeをスタイリストに迎え、“ヨーロピアンモードな世界”が表現されている。

愛知、大阪、東京の3都市で行われた本企画、誕生日当日の10月8日に行われた東京でのイベントには、多くのファンが詰めかけた。写真集で着用した衣装をまとって登場した中村は、本作の出来栄えについて「自分がやりたいことを100%詰められた。30歳になるにあたって本当に最高の写真集ができたと思う」と自信たっぷりにコメントした。

記念イベントについては「誕生日当日にできたので、普段応援してくださる皆さんと一緒にいられることが幸せでした」と感慨深げに語る。また撮影の思い出について「自分が女の子だったら黒髪のボブをやってみたかったので、軍服のスタリングでそれを実際にできたことが印象深いです」と振り返った。

初挑戦のヌード撮影について聞かれると、「自慢のお尻だったので、皆さんに見ていただけて、とてもうれしいです!」と笑顔。また「30歳という節目の年で、偶然にも『仮面ライダー電王』が、10周年を迎えた年に、主演の佐藤健くんや相方のデネブの声優の大塚芳忠さんからお祝いの動画コメントをいただけて、本当に思い出に残る誕生日となりました」と締めくくった。

(c)Mファクトリー/G-STAR.PRO

ステージナタリーをフォロー