ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

新国立劇場バレエ団、クリスマスシーズンに「シンデレラ」上演

244

新国立劇場バレエ団 2017 / 2018 シーズンバレエ公演「シンデレラ」が、12月16日から24日まで東京・新国立劇場 オペラパレスにて上演される。

英国ロイヤル・バレエをはじめ、世界中のバレエ団で上演されてきたフレデリック・アシュトン振付「シンデレラ」。同作では、シンデレラの義理の姉たちが男性ダンサーによってコミカルに演じられる。またシンデレラが舞踏会に登場する華やかなシーンも見どころとなっている。なお今回は新国立劇場の開場20周年記念としてクリスマスシーズンに上演される。

シンデレラ役には小野絢子米沢唯、柴山紗帆、木村優里、池田理沙子、王子役には井澤駿、福岡雄大、渡邊峻郁、中家正博、奥村康祐が名を連ねている。前売りチケットの販売は、8月19日10:00からスタート。

新国立劇場バレエ団 2017 / 2018 シーズンバレエ公演 新国立劇場 開場20周年記念 「シンデレラ」

2017年12月16日(土)~24日(日)
東京都 新国立劇場 オペラパレス

芸術監督:大原永子
音楽:セルゲイ・プロコフィエフ
振付:フレデリック・アシュトン
監修・演出:ウェンディ・エリス・サムス、マリン・ソワーズ
指揮:マーティン・イェーツ
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
出演:新国立劇場バレエ団

ステージナタリーをフォロー