ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「赤毛のアン」美山加恋とさくらまやが「心いっぱいの」熱唱

209

「赤毛のアン」制作記者発表会より。劇中歌「心いっぱいの」歌唱の様子。左から美山加恋、さくらまや。

「赤毛のアン」制作記者発表会より。劇中歌「心いっぱいの」歌唱の様子。左から美山加恋、さくらまや。

「2万人の鼓動 TOURSミュージカル『赤毛のアン』」の制作記者発表会が、本日5月24日に東京都内で行われた。

発表会のMCは、リンド夫人役の大和田りつこが務める。はじめにエステー会長の鈴木喬が登壇。鈴木は挨拶を終えると「死なないで、あと100年はがんばりますから、その間は『赤毛のアン』を上演し続けますので、ご安心ください!」と力強く宣言。続いて主人公アン・シャーリーを演じる美山加恋、アンの親友ダイアナ・バリーを3年連続で演じるさくらまや、クリエイティブディレクターの鹿毛康司が呼び込まれる。

壇上では、美山とさくらが出演し、5月29日から放映されるエステーの新CMが初披露された。CM収録では歌やダンスのレッスンを撮影したというが、完成した映像では歌のシーンがほんの一部のみ使われており、さくらは「あんなにダンスがんばったのに……」と苦笑い。本作がミュージカル初主演となる美山はダンスについて「2.5次元ミュージカルに出演した時に少し経験しました」と述べた。歌手でありながら、大学の法学部に通っているさくらは「卒業までに司法書士の資格を取れるよう勉強しています」と多才ぶりをのぞかせた。全7都市で行われた本作のオーディションに同行したというさくらは「本当にうまい人しかいないオーディションでハイレベルでした」と振り返った。

多くの人にミュージカルに触れてもらいたいという思いから、全公演全席無料で観客を招待しているエステー主催の「2万人の鼓動 TOURSミュージカル」。今年2017年は開催20年目、「赤毛のアン」では15年目を迎えるということで、東京公演では生オーケストラの演奏も行われることが告げられると、美山も興奮気味。続いて美山とさくらは劇中歌「心いっぱいの」を歌唱。2人の息のあった熱唱により、アンとダイアナの心の友としてのクライマックスシーンが本番に先がけて披露された。

囲み取材で歌について質問が飛ぶと、美山は「声優としてプリキュアに参加しているので、そのキャラクターソングを歌わせていただいたりしています。まやちゃんは歌手なので、セッションしたときは、こぶしがすごいなと思いました」と驚いた様子。これを受けたさくらは「(美山は)声が綺麗なのですごく歌いやすくて、ハモリやすいんです」と美山を絶賛した。

3年連続の参加となる本作について、さくらは「前回は『みんなを引っ張るぞー』と言ったんですが、やってみると、自分は引っ張られる側だなと痛感しました。なので今年はみなさんに引っ張っていただきながら、どれだけ素晴らしい演技を観せられるか、ということに集中したいと思います」と意気込みを語る。美山は「『赤毛のアン』という長く続いている作品で、先代のアン役には、上白石萌音さんだったり、高橋愛さんだったり、すごい方々がいらっしゃるので、ミュージカル初主演でプレッシャーも大きいですが、負けずに精一杯演じていきたいです。ぜひ劇場にお越しください!」と観客に呼びかけた。公演は8月13日の北海・札幌市教育文化会館公演を皮切りに全国を巡演する。

※初出時、タイトルとキャプションに誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

「2万人の鼓動 TOURSミュージカル『赤毛のアン』」

2017年8月13日(日)
北海道 札幌市教育文化会館

2017年8月14日(月)
宮城県 東京エレクトロンホール宮城

2017年8月15日(火)
埼玉県 さいたま市民会館おおみや

2017年8月16日(水)・17日(木)
東京都 新宿文化センター

2017年8月21日(月)
愛知県 日本特殊陶業市民会館

2017年8月22日(火)
福岡県 福岡市民会館

2017年8月23日(水)
広島県 広島文化学園HBGホール

2017年8月24日(木)
大阪府 オリックス劇場

出演:美山加恋さくらまや、大和田りつこ、旺なつき、越智則英、藤田玲、宮内良、吉田ひかる、染谷妃波、設樂みのる、立枕夕佳、中井千紘、斎藤日南 ほか

ステージナタリーをフォロー