ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「細雪」1500回目の上演へ、4姉妹が開幕の挨拶「忘れたくないものがここに」

205

「細雪」ゲネプロより。

「細雪」ゲネプロより。

「細雪」が明日3月4日に東京・明治座にて開幕する。これに先がけ本日3月3日に公開ゲネプロと囲み取材が行われた。

「細雪」は谷崎潤一郎の同名小説を原作に、大阪・船場で木綿問屋を営む旧家を舞台に繰り広げられる4人姉妹の物語。1966年1・2月に初演されたのち、数々の女優がこの4人姉妹を演じており、2015年4・5月までに1499回を上演。今回の初日公演で1500回目の上演を迎える。

満開の桜のセットの中、舞台衣装を身にまとい取材に応じた賀来千香子水野真紀紫吹淳壮一帆の4人。長女・鶴子を演じる賀来は、「お着物、桜、美しい船場言葉、華やかなものが揃っていて、和の日本らしい舞台です。忘れたくない、残していきたいものがここにはあって、きれいなものをたくさん楽しんでいただける舞台ですね」と本作をアピール。

今回新たに「細雪」に加わった三女・雪子役の紫吹と四女・妙子役の壮。記者から「宝塚の元トップスターであるお2人が加わることで新しい『細雪』誕生の可能性は?」と質問が飛ぶと、賀来が「踊ってもらいましょうか(笑)」と笑い、壮が「そうなったら、もれなくお姉ちゃん達が相手役をしてくれるんですよね?」と笑顔で返す一幕も。

紫吹は「私、世の中で“お嬢キャラ”とか言われていますけれど、本当のお嬢様になった気持ちです。本当のお嬢様って大変ねと思いました。4人の中で一番おしとやかな性格で、品格があって、でも芯がある。歴代、色々な女優さんが演じてきた雪子を一生懸命つくっていますので、ぜひ見ていただきたいです」と意欲を見せる。壮は「妙子は活発な役なんですけど、どうしても活発すぎてしまうところがあって。今日の舞台稽古も大変だったんです。実は着物を破いてしまいまして……。振袖でお芝居をするのが初めてなので、立ち座りの時に踏んでしまったりとか、草履で滑ってしまうとか」と稽古場でのエピソードを明かした。

これを受け次女・幸子役の水野が「振袖を着る(二十歳)前から男役だったのよね」と返すと壮は「そうなんです。振袖ってあまり着ないですからね」と同意。紫吹も「そう、振袖ってなかなかなないよね。私も二十歳の時はもう男役で劇場に通っていたので、今回こうして綺麗なお着物を着させていただいて、二十歳の様な気持ちです(笑)」と笑う。横で見ていた賀来は「おかしいでしょう?(笑)この感じの4人を仕切るので、いい感じの責任感と笑いがあります」と長女の顔で記者たちに語った。

公演は4月2日まで。

「細雪」

2017年3月4日(土)~4月2日(日)
東京都 明治座

原作:谷崎潤一郎
脚本:菊田一夫
潤色:堀越真
演出:水谷幹夫

キャスト

長女・鶴子:賀来千香子
次女・幸子:水野真紀
三女・雪子:紫吹淳
四女・妙子:壮一帆

ステージナタリーをフォロー