ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「キャプテン翼」が超体感ステージに!VR駆使して舞台化、総合演出はEBIKEN

1999

「超体感ステージ『キャプテン翼』」ロゴ

「超体感ステージ『キャプテン翼』」ロゴ

高橋陽一によるサッカーマンガ「キャプテン翼」の舞台化が決定。「超体感ステージ『キャプテン翼』」と題し、8月18日から9月3日まで東京・Zepp ブルーシアター六本木にて上演される。

舞台版では、総合演出をEBIKEN(蛯名健一)、脚本をenraの加世田剛、振付を松永一哉が担当。原作でお馴染みの神技が連発するシーンでは、ダンスやマーシャルアーツ、イリュージョン、デジタルと俳優の身体能力を掛け合わせた、ダイナミックなパフォーマンスが展開する。最新のVRテクノロジーを駆使したステージに注目しよう。

「超体感ステージ『キャプテン翼』」

2017年8月18日(金)~9月3日(日)
東京都 Zepp ブルーシアター六本木

総合演出:EBIKEN(蛯名健一)
脚本:加世田剛
振付:松永一哉

(c)高橋陽一/集英社 (c)超体感ステージ「キャプテン翼」製作委員会

ステージナタリーをフォロー