ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

小泉今日子と風間杜夫、倦怠期夫妻の心理を絶妙に演じる「家庭内失踪」開幕

157

M&O playsプロデュース「家庭内失踪」公開舞台稽古より。野村(風間杜夫)と、雪子(小泉今日子)。

M&O playsプロデュース「家庭内失踪」公開舞台稽古より。野村(風間杜夫)と、雪子(小泉今日子)。

岩松了作・演出による「家庭内失踪」が、本日3月11日に東京・本多劇場にて幕を開ける。

本作は、風間杜夫演じる元高校教師の野村と、小泉今日子演じるその後妻・雪子を軸にした物語。雪子は40歳を過ぎ、野村は定年退職を迎え、2人の間には倦怠感が漂っている。舞台上には一軒家の和室とリビングのセットが組まれ、そこに住む家族と、周囲の人々との絡みが描かれていく。

野村は雪子に性的欲求を抱いているが、どうにもうまくいかず、雪子も思うところがある様子。一方野村と前妻の娘・かすみ(小野ゆり子)は、夫・石塚に嫌気がさして野村夫妻の家にて暮らすようになる。微妙な3人の関係性が均衡を保つ家に、石塚の部下・多田(落合モトキ)がかすみを説得しにやってきた。そして近所の男・望月(岩松了)や、石塚と同じストリングカルテットの会に所属しているという青木(坂本慶介)も加わり、事態は思わぬ方向へ転がり始める。

1989年に岩松が岸田國士戯曲賞を受賞した「蒲団と達磨」の、後日譚とも言われている本作。2008年に上演された岩松作・演出「恋する妊婦」でも夫婦役を演じた風間と小泉が、今回も息ぴったりに夫婦を演じてみせる。心の中に何を秘めているのかが気になる小泉の表情や、思わずクスリとしてしまう風間のセリフ回し、絶妙な緊張感を生み出す会話劇など、見どころは満載だ。

本多劇場での公演は3月23日まで。その後大阪、愛知、岐阜、静岡など全国を巡演する。

M&O playsプロデュース「家庭内失踪」

2016年3月11日(金)~23日(水)
東京都 本多劇場

2016年3月27日(日)
大阪府 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

2016年3月29日(火)
愛知県 日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール

2016年4月1日(金)
岐阜県 大垣市民会館 大ホール

2016年4月3日(日)
静岡県 静岡市清水文化会館マリナート 大ホール

2016年4月6日(水)
富山県 富山県民会館ホール

2016年4月8日(金)
広島県 JMSアステールプラザ 大ホール

2016年4月10日(日)
福岡県 そぴあしんぐう 大ホール

2016年4月12日(火)
新潟県 りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館・劇場

2016年4月15日(金)
宮城県 電力ホール

2016年4月17日(日)
福島県 いわき芸術文化交流館アリオス 大ホール

作・演出:岩松了
出演:小泉今日子風間杜夫、小野ゆり子、落合モトキ、坂本慶介、岩松了

ステージナタリーをフォロー