ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

村上龍「コインロッカー・ベイビーズ」舞台版、地方公演も決定

151

村上龍によるベストセラー小説を原作とした舞台「コインロッカー・ベイビーズ」の、地方公演の開催が決定した。

同作は6月4日から19日まで東京・赤坂ACTシアターにて上演されたのち、6月24・25日は福岡・福岡市民会館、29日は広島・広島文化学園 HBGホール(旧厚生年金会館)、7月2・3日は大阪・オリックス劇場にて公演を行う。いずれもチケットは4月16日に発売。

「コインロッカー・ベイビーズ」は1980年に発表された作品。コインロッカーに捨てられ、かろうじて生き残った2人の少年・ハシとキクを軸に、若者の持つエネルギーや純粋さ、そしてもがきを描いていく。脚本・演出は、宝塚歌劇を中心に20作超を手がけてきた木村信司が手がける。

ハシ役は橋本良亮、キク役は河合郁人と、いずれもA.B.C-Zのメンバーが担当。そのほか昆夏美、シルビア・グラブ、芋洗坂係長真田佑馬も出演する。

コインロッカー・ベイビーズ

2016年6月4日(土)~19日(日)
東京都 赤坂ACTシアター

2016年6月24日(金)・25日(土)
福岡県 福岡市民会館

2016年6月29日(水)
広島県 広島文化学園 HBGホール(旧厚生年金会館)

2016年7月2日(土)・3日(日)
大阪府 オリックス劇場

原作:村上龍
脚本・演出:木村信司

キャスト:橋本良亮(A.B.C-Z)、河合郁人(A.B.C-Z)/ 昆夏美、シルビア・グラブ、芋洗坂係長、真田佑馬 ほか

橋本良亮コメント

村上龍さん原作のコインロッカー・ベイビーズが2016年6月に幕が上がります。僕はハシ役でやらせていただきます。僕の名前が橋本なので嬉しいです。このロングセラー小説を自分なりに自信をもってみなさんを満足出来るように橋本良亮頑張りたいと思います。

河合郁人コメント

大ベストセラー小説のコインロッカー・ベイビーズに出演できる事に今からワクワクしてます!
僕の演じるキクはもの凄く強いキャラクターで想像もしたことのなかった人物像です。でも、魅力的なので、今から楽しみです!
今までの河合郁人からは想像できないくらい、入り込んで役作りしたいと思っていますので、お楽しみに!

木村信司コメント

子どもへの虐待が問われる今、「コインロッカー・ベイビーズ」は著名な作家による有名な作品であり、その問いに先鋭的に答える力を持っているからです。

「コインロッカー・ベイビーズ」は出版された直後に読みました。当時は筒井康隆氏が絶賛していたこともあり、とてつもなく面白い近未来小説と受け取りました。けれども二十世紀の終わりに再読したときは、ドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」と重なり合う印象を受けたのです。
「カラマーゾフの兄弟」の命題とはなにか。短く述べれば「親に迫害された子どもは、親を殺せるか」、ではないでしょうか。キリスト教信者であった小説家は、この問いに逆説的に答えます。「神の創った世界で、幼い子らへの虐待が行われるなら、私は神を信じられなくなってしまう」
作品は哲学書ではなく、小説ゆえ答えは明示されません。しかし私は作者の声を、こう受け取りました。「だから子どもを守れ。彼らは未来の宝である」 この声こそエピローグ、子どもの葬式の場面を美しく彩っていると感じます。
翻って「コインロッカー・ベイビーズ」のキクとハシはどうでしょう。二人は親により、コインロッカーに捨てられます。キクはこの生い立ちを、世界に(東京に)捨てられたとして、自分を捨てたものを消し去ります。一方ハシは最終景で、この問題から離脱して、大いなる自立を遂げます。
「カラマーゾフの兄弟」が子どもへの遺言だったとすると、「コインロッカー・ベイビーズ」からは子どもの叫び声が聞こえるのです。「僕を殺すな。殺そうとしても生き残る。そして必ず、あなたたちの前に再び現れる」 
芸術は倫理的なものです。二つの作品に共通する倫理は、幼いものに対する愛情です。当然ながら、劇場版の「コインロッカー・ベイビーズ」もその延長線上にあります。作品の書かれた当時より、さらに有効に、さらに先鋭的に、世に問えると信じます。

ステージナタリーをフォロー