音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

乃木坂46白石、センター初抜擢に「自分に自信持ちたい」

417

本日4月20日、京都・京都パルスプラザにて乃木坂46の5thシングル「君の名は希望」発売記念全国握手会イベントが開催された。

本日のイベントには学業や体調不良を理由に欠席した市來玲奈、柏幸奈、宮澤成良を除く30名が出席し、会場には約7000人のファンが集まった。彼女たちは「君の名は希望」「13日の金曜日」「ロマンティックいか焼き」「シャキイズム」を次々と披露し、イベントの合間にはメンバーの自己紹介やプレゼント抽選会を通じてファンと交流を図った。

生田絵梨花のピアノ伴奏による「君の名は希望」を歌い終えると、メンバーは一旦ステージから退場し、いよいよ6thシングルの選抜メンバー発表に突入。乃木坂46運営委員会委員長の今野義雄がステージに現れ、新選抜メンバーを3列目から1人ひとりステージに呼び入れた。ここで前作「君の名は希望」での“八福神”の一員だった秋元真夏、星野みなみが早々と名前を呼ばれると、会場からはどよめきの声が上がった。また2列目の発表では高山一実、西野七瀬の名前が呼ばれ大きな拍手が沸き起こったのと同時に、過去5作でセンターポジションに立ってきた生駒里奈が2列目に下がったことがわかり「おおっ!?」というどよめきの声が会場中に響きわたった。

そして最後にフロントメンバーとして松村沙友理、橋本奈々未、白石麻衣の名前が読み上げられると、会場中を大歓声が包み込む。白石は涙ぐみながら「思うことはたくさんありますが、ここはしっかり地に足を着けて、新たな乃木坂の一面を見せられるよう今まで以上に自信を持ち、しっかりとがんばっていきたいと思います!」と、ファンに宣言した。

この選抜発表中に生駒が倒れ込むハプニングも発生したものの、彼女は「本当に自分的にはある意味吹っ切れているというか、認めてくれる人がすごく増えてうれしくて」とコメント。続けて「乃木坂はそのシングルごとの色をスタッフさんが秋元(康)先生と話し合って決めるんだと思う。このシングルではこのメンバーが最強だということで、笑顔でいろんなところに乃木坂を広めていくことが、私たちの大きな役目だと思っています」と、現在の心境を口にした。

そして「シリアスじゃなくて、ね、もっと、明るくいこう! いろいろ考えたってダメだもん」と気を取り直して、選抜から漏れたメンバーをステージに呼び入れ、最後に全員で「乃木坂の詩」をパフォーマンス。涙ぐみながら歌うメンバーの姿もありつつ、約90分にわたるイベントは幕を閉じた。

イベント終了後には新八福神を迎えての囲み取材も実施された。新たにセンターポジションに選ばれた白石は、「今まではずっと2列目にいて、前のラインに行きたいなという気持ちもあった」と改めてコメント。松村は「フロントメンバーが新しくなったことで、これまでの生駒ちゃん(がセンターを務めてきたこと)を否定しているとは思ってほしくなくて。どんな場面でもいろいろ変えていけるのが乃木坂46」、橋本は「今までずっと1列目の3人に頼ってきたところも大きかったので、これからは襟を正して、グループとして新しい一面を見せていきたい」とそれぞれ今の気持ちを語った。

また生田は「自分はフロントから後ろに下がったとは思ってなくて。新しい、今までにない一面を見せられる気がして、ワクワクしてます」と前向きに発言。生駒は「前の3人(白石、橋本、松村)の身長が大きいぶん、うちは身長が低いからもっと大きく踊らないと。新しいチャンスを与えられたと思ってる」「今までは真ん中(センターポジション)しかわからなかったぶん、今度は前も後ろもいろいろ見られるし、個人的にはいろんなことに自由に挑戦できるんじゃないかな」と、はにかみながらコメントした。

最後に「どんなセンターになりたいか?」と尋ねられた白石は「今まで自分に自信がなくて、前向きになれなかったので、そこを一番変えられるようになりたい。自分に自信を持たないと、周りもついてきてくれないので」と宣言。続けて「何事にも積極的に取り組んでいくことが大事だと思う。そういうところからコツコツ始めて、大きく成長していけたら」と胸の内を明かして、会見を終えた。

なお乃木坂46運営委員会委員長の今野は今回の新選抜について、「センター生駒でシングルが5作続いて、『ほかのメンバーはセンターにならないのか?』という議論がお客さんの中でもあったと思うんです。でも(4thシングル)『制服のマネキン』、(5thシングル)『君の名は希望』でセンターとしての生駒を一般の方にも受け入れてもらえたんじゃないかという気がしていて、だったら今なら大胆に違う色も見せることができるのではと秋元先生が考えたんじゃないかと解釈している」と説明。6thシングルの表題曲については「まさに今制作中ですので、まだメンバーにもこの曲でいきますと聴かせることができていない状況。僕が聴いた限りでは、この曲の雰囲気からあのメンバーになったのかなという気がしている」と考えを明かした。

今回決定した選抜メンバーによる乃木坂46の6thシングルは、今のところタイトルおよび発売日は未定。フロントメンバーが入れ替わったことでどのような楽曲が用意されるのか、注目が集まる。

音楽ナタリーをフォロー