ジャニーズJr.に満22歳の年齢制限導入、適切な進路確保のため

796

ジャニーズ事務所が、ジャニーズJr.の活動に年齢制限を設けることを発表した。

これは本日1月16日にジャニーズ事務所のオフィシャルサイトで発表されたもの。2023年3月31日より、満22歳に達したあとの最初の3月31日までに、ジャニーズJr.としての活動継続について事務所と合意に至らない場合、同日で活動を終了するという制度が導入される。

年齢制限を設ける背景として、オフィシャルサイトでは「恵まれた環境であるが故に、一般的に人生の岐路と言われる年齢を迎えたジャニーズJr.が、適切な進路を決定し難くなっているのではないか、ということも同時に懸念されるようになってまいりました」「ジャニーズJr.の活動は、アイドル・タレントとしてデビューを目指すことが大前提であるという基本に改めて立ち返ると同時に、個人の適切な進路決定の確保といった観点からも、この度、ジャニーズJr.の活動において、一定の年齢制限を設けることといたしました」と説明されている。

なお、この制度が適用される時点で22歳以上のメンバーが所属するグループおよび一部の個人については、すでにジャニーズJr.としての活動継続についてジャニーズ事務所と合意しているとのこと。

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。