“音楽で収益を得るためのファーストステップ”を支援「TOWER CLOUD」スタート

278

昨年12月にレコチョクとタワーレコードにより設立され、インディーズアーティストの活動支援サービス・Eggsを運営している会社エッグスが、本日5月20日より“音楽で収益を得るためのファーストステップ”をサポートする新サービス「TOWER CLOUD」をスタートさせた。

「TOWER CLOUD」ポスター

「TOWER CLOUD」ポスター

大きなサイズで見る(全5件)

「TOWER CLOUD」は、アーティストが楽曲を無料登録するだけでApple Music、Spotify、LINE MUSIC、レコチョクなどの音楽配信ストアで楽曲を販売することができるサービス。販売・再生に応じて収益を得ることができるほか、タワーレコードのノウハウやシナジーを使ったCD販売のチャンスも生まれる。

5月25日から8月末までは「TOWER CLOUD Scholarship」キャンペーンを実施。「TOWER CLOUD」で新規配信申請をしたアーティストの中から最大100組に、配信収益と相殺になる活動サポート支援10万円分が支給される。

この記事の画像・動画(全5件)

リンク