sumika「ヒロアカ」主題歌初披露、井上芳雄「丸から生まれたとは思えない」

5011

sumikaが、本日12月5日に東京・チームスマイル・豊洲PITで開催された映画「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング」の完成披露試写イベントに登壇した。

「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング」完成披露試写イベントの様子。

「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング」完成披露試写イベントの様子。

大きなサイズで見る(全32件)

sumika

sumika[拡大]

12月20日に公開される「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング」は、「週刊少年ジャンプ」で連載中の堀越耕平による人気マンガ「僕のヒーローアカデミア」を原作とした映画作品。2018年には初の劇場版が公開され、観客動員130万人を記録した。本日のイベントには「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング」の主題歌「ハイヤーグラウンド」を書き下ろしたsumikaのほか、声優キャストの山下大輝岡本信彦梶裕貴石川界人今田美桜井上芳雄が登場した。

声優キャストたちの和気あいあいとしたトークがひと区切りついたところで、sumikaがステージイン。片岡健太(Vo, G)は挨拶をしたあと、本作の主題歌を担当したことについて「光栄な機会をいただけて、一生に一度だと思って覚悟を決めて作った楽曲なのでぜひとも『ハイヤーグラウンド』という主題歌も一緒に愛していただけるとうれしいです」と緊張気味に述べた。

「こんな丸からめちゃめちゃいい声がする」と語る片岡健太(左から2番目)。

「こんな丸からめちゃめちゃいい声がする」と語る片岡健太(左から2番目)。[拡大]

片岡は主題歌の制作について「僕はボーカルとギターで、それ以外のパートは演奏できない。個性を武器にしながら、弱点も補い合いながら戦うヒーローたちを見てバンドを始めた頃を思い出して、原点に立ち戻った気持ちで曲を作れました」とコメント。またsumikaは絵が完成していない状態に声だけ入った映像を観てイメージを膨らませ「ハイヤーグラウンド」を書き下ろしたそうで、「何より一番助けられたのは、先程キャストの皆さんからもお話が出ていたんですけど、丸からめちゃくちゃいい声がする。楽曲制作に悩んでいたんですけど、こんな丸からめちゃめちゃいい声するんだとびっくりしました。それでもちゃんと皆さんが声入れをするところに職人魂を感じました。そこがカンフル剤になって自分たちも制作を進めることができました」と語り、会場を和ませた。

sumikaのライブの様子。

sumikaのライブの様子。[拡大]

その後sumikaは「ハイヤーグラウンド」をステージで初披露。片岡がかき鳴らすイントロのギターを皮切りに疾走感あふれる楽曲が鳴らされると、観客たちは総立ちで彼らの演奏を味わった。sumikaのパフォーマンスを観た石川は「めちゃめちゃカッコいい! こんなにカッコいいことある!?」と大興奮し、片岡から今回楽曲が初披露だったことを聞いた梶も「すごい瞬間に立ち会いましたね!」と声を弾ませる。井上は「丸から生まれたとは思えないようなカッコいい曲でしたね。この物語はこれからヒーローになる人たちにふさわしいエネルギーと疾走感のある、映画の感動も蘇る素晴らしい曲でした」とsumikaの演奏を讃えた。

この記事の画像(全32件)

関連記事

sumikaのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 sumika / 山下大輝 / 岡本信彦 / 梶裕貴 / 石川界人 / 今田美桜 / 井上芳雄 / 僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。