音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

新しい学校のリーダーズ初ワンマン「今の最上級のモノを確実にぶつけることができた」

171

新しい学校のリーダーズ(Photo by junpei kawahata)

新しい学校のリーダーズ(Photo by junpei kawahata)

新しい学校のリーダーズが4月21日に東京・WWWで初のワンマンライブ「無名ですけどワンマン ~有名になんかなりたくない。なりたいけど。~」を行った。

3月に1stアルバム「マエナラワナイ」をリリースした新しい学校のリーダーズ。アルバムの楽曲を中心に構成された今回のワンマンライブで彼女たちは約1時間30分にわたるパフォーマンスを繰り広げた。

「誰かが言った。毎日がツマラナイ。誰かが言った。早く大人になりたい。青春の意味も分からず、毎日を過ごしている若者よ。青春を忘れてしまった大人たちよ、思い出せ。俺たちははみ出していく……」という挑発的なSEが流れる中、MIZYU、RIN、SUZUKA、KANONの4人がステージに登場。「私たち『新しい学校のリーダーズ』は誰よりもアグレッシブに、誰よりもアバンギャルドに、初のワンマンライブを開催することを誓います」とSUZUKAが宣言すると、4人は「席替ガットゥーゾ」でライブをスタートさせた。続けて4人は「SNS24時」「宮尾」「マエナラワナイ」の3曲をパフォーマンス。エネルギッシュなダンスと歌で観客を圧倒していく。

笑いを誘う寸劇で楽曲を紹介しているうちに登場したのはアルバムをプロデュースしたH ZETT M率いるH ZETTRIO。新しい学校のリーダーズは彼らと共にテレビ朝日系ドラマ「女囚セブン」のテーマ曲になった昭和歌謡テイストの「毒花」、H ZETT MのピアノとMIZYUのエモーショナルな歌声で聴かせる「透明ガール H ZETT M edit ver.」、4人のダンスとメロディが見事にマッチした「恋の遮断機 feat. H ZETTRIO」と、現在の彼女たちの魅力が詰まった3曲で会場をヒートアップさせた。そしてアルバムリード曲「最終人類」をSUZUKAが全力で歌い上げると、フロア全体から大きな歓声が湧き上がった。

観客から求められる前にメンバーが登場するという意表を突く展開で始まったアンコールは、WIZYで資金を募って制作した「ピロティ」のミュージックビデオの上映でスタート。4人は会場に足を運んだ資金提供者たちに感謝を伝えながら同曲を歌った。ラストは4人が同年代の人々へのメッセージを込めた「学校行けやあ”」を熱演し、キャリア初のワンマンライブに幕を下ろした。

新しい学校のリーダーズ ライブ後コメント

MIZYU

純粋にすごく楽しかったのとうれしかった。そして、1つ1つの瞬間瞬間に自分たちが一番カッコいいと思え、私たちを観ている皆さんが鳥肌を立てているのも見えました。実際には見えてないですけど(笑)。

RIN

想像以上にフロアに人が凝縮されていて、自分たちのためにこんなに多くの人が集まってくれたんだとうれしかったです。そして、今日まで自分たちが自分たちの中に詰め込んできたモノを多くの方と共有できたこともうれしかったです。

SUZUKA

新しい学校のリーダーズの今の最上級のモノを確実にぶつけることができたのではないかと思います。もしかしたら失敗した部分もあったかもしれないですけど、それも私たちの今の実力。全力のものをお見せすることができたのではないかと思います。

KANON

本編が終わってステージからはけたときに、「もうアンコールなのか!」ってみんなで話したぐらい、本当に一瞬でした。それはつまり、やりきれたということなのかなと思います。すごく楽しかったですし、お客さんの反応もうれしかったです。ステージから見たフロアは、今まで見た中で一番キレイな景色でした。

新しい学校のリーダーズ「無名ですけどワンマン ~有名になんかなりたくない。なりたいけど。~」2018年4月21日 東京都 WWW セットリスト

01. 席替ガットゥーゾ
02. SNS24時
03. 宮尾
04. マエナラワナイ
05. ワカラナイ
06. zzz
07. キミワイナ’17
08. 毒花
09. 透明ガール H ZETT M edit ver.
10. 恋の遮断機 feat. H ZETTRIO
11. 最終人類
<アンコール>
12. ピロティ
13. 透明ガール ORIGINAL VER.
14. 学校行けやあ”

音楽ナタリーをフォロー