音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

焚吐10代を締めくくる1stアルバム、収録曲はアニメ「闇芝居」EDテーマに

269

焚吐

焚吐

焚吐の1stアルバム「スケープゴート」が2月8日にリリースされる。

本日12月2日にTwitCastingで「焚吐のツイキャス Vol.7」の配信を行い、この番組内でアルバム発売決定を明かした焚吐。彼にとって10代のうち最初で最後のアルバムとなる「スケープゴート」には、これまでシングルとして発表した「オールカテゴライズ」「ふたりの秒針」をはじめ、Neruがアレンジを手がけた新曲「ティティループ」「彼方の明日」、カラスヤサボウとタッグを組んだ「グリンプス・グランパ」など12曲が収められる。CDのみの通常盤のほか、7曲のミュージックビデオを収録したDVD付属の初回限定盤が用意される。

またアルバムに収録される新曲「夢負い人」が1月よりテレビ東京系で放送のアニメ「闇芝居 四期」のエンディングテーマに使用されることが決定。この楽曲では出羽良彰がアレンジを担当している。

焚吐 コメント

「スケープゴート」は、このために書き下ろした新曲はもちろん、百余りあるレパートリーの中から“今、世に出したい曲”を真剣に選びました。コミュニケーションが苦手なせいで普段なら表に出せない様々な感情を“音楽(スケープゴート)”に託すことで吐露してきた自分には、最も合致するアルバムタイトルだと思っています。

焚吐「スケープゴート」収録内容

CD

・オールカテゴライズ
・ふたりの秒針
・青い疾走
・クライマックス
・僕は君のアジテーターじゃない
・夢負い人
・ティティループ
・黒いキャンバス
・彼方の明日
・グリンプス・グランパ
ほか全12曲を収録。

初回限定盤付属DVD

・オールカテゴライズ MV
・子捨て山 MV
・ふたりの秒針 MV
・てっぺん底辺 MV
・人生は名状し難い MV
・クライマックス MV
・僕は君のアジテーターじゃない MV

※CD、DVDともに収録順は未定。

音楽ナタリーをフォロー