音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

SHANK、OAT&locofrankと超満員O-EAST沸かせたツアー最終日

455

SHANK(撮影:岸田哲平)

SHANK(撮影:岸田哲平)

SHANKが東名阪ツアー「Three Heavy Clash」の最終公演を昨日6月26日に東京・TSUTAYA O-EASTにて開催した。

OVER ARM THROW

ソールドアウトで迎えたこの日。トップバッターのOVER ARM THROWはフロアいっぱいのシンガロングから始まる「Thanks」でライブを始めると、サーフミュージック風の間奏を挟むサマーチューン「Honey Baby Surfer-Girl」、軽快なビートが心地よい「A-Z」など、バラエティ豊かな楽曲群を畳み掛けて、場内を一気にヒートアップさせた。

MCでは鈴野洋平(B, Cho)がSHANKとの初共演から10年経ったことを明かし、SHANKメンバーへ「もうオッサンじゃん、お前ら(笑)」を語りかける。また「みんな何回ダイブするの? 今日、速い曲が嫌いな人はいないと思うから、今日はやれよ!」とファンを焚き付けライブを再開させた。菊池信也(Vo, G)の弾き語りから始まる「Dear my songs」では、鈴野はステージ前方まで進み、寺本英司(Dr, Cho)は立ち上がって、合唱をするオーディエンスを見渡す。さらにラストナンバー「All right all wrong」では鈴野がフロアへダイブ。オーディエンスを最後まで熱狂させ、3人はステージをあとにした。

locofrank

locofrankは木下正行(Vo, B)の「ほんならもう1回、上げて行くぞー!」という咆哮を合図に、「reason」でライブをスタート。森勇介(G, Vo)のエッジィなギターフレーズがイントロを飾れば、サビでは木下の伸びやかなボーカルが広がる。

彼らは木下がマイクスタンドをステージ中央に移動させて歌唱した「across time」、Tatsuya(Dr, Cho)の繰り出す勇ましいドラムに乗せた「Grab Again」など、間髪入れずに5曲を連投し、この日唯一のMCへ。フロアからヤジが飛び交うとメンバーは「ガラ悪いわ!」と笑顔で返す。また木下が、この3組でのイベントは初だと説明し、「この3組の組み合わせ、ありそうでなかったよな? まさかSHANKに呼ばれるとは!」と感激した様子で声を上げた。バンドの演奏は後半でさらにタイトさを増し、木下が勢いあまってフロアへダイブした「BE FULL」を経て、最後に「START」をSHANKへ贈った。

SHANK

いよいよこの日の主役、SHANKのアクトへ。彼らはMad Caddies「Backyard」に乗せて、体を揺らしながら登場する。そしておのおのが楽器をかき鳴らすと、そのまま「submarine」「MONKEY FUCK」を連投。早速のキラーチューンの応酬にファンは、クラウドサーフやモッシュを繰り返し、興奮した様子を見せた。

裏打ちのリズムでオーディエンスを踊らせた「Take Me Back」では、終盤のブレイクで庵原将平(Vo, B)が「2階席の人のパンツが見えそうで集中できない!」とこぼして場内の笑いを誘う一幕も。彼らはその後もアグレッシブな演奏を見せたかと思えば、ファンからのヤジを拾って一喝したり、MCでは渋谷の街の印象を長崎弁で語ったりと、緩急を付けたステージングで観客を魅了していく。

「Time is...」では庵原が、THE BLUE HEARTSの「TRAIN-TRAIN」の歌詞を織り交ぜて歌ってみせる。また松崎兵太(G, Cho)のギターソロからなだれ込むように始まった「Knockin' on the Door」では、フロアから盛大なシンガロングが発生した。

庵原はこの日のゲスト、OVER ARM THROWとlocofrankについて「中学生のときに2組のCDを聴いて『どがんやったらこがんなると?』って悶々としてた。(自身の企画に呼べることが)不思議で仕方ないし、単純にうれしい。10年経ってもカッコよかった」と喜びを語る。そしてバンドは2組へミディアムチューン「My sweet universe」を贈った。さらに彼らは庵原のシャウトが炸裂した「Hope」、池本雄季(Dr, Cho)による手数の多いドラムから庵原のボーカルが伸びやかに広がった「Long for the Blue moon」をプレイしたのち、「Restart」で約1時間におよぶロングセットの本編を終えた。

ステージに再登場した彼らはマイナー調の「drama queen」、高速ビートに乗せた「BASIC」、ショートチューン「Stop the crap」を叩き込み、あっという間にアンコールを駆け抜ける。さらにアンコールを求める声が上がると、1曲目に披露した「submarine」を再び投下。最後には庵原がピックのみならず、自身のベースもフロアに投げ入れ、会場を熱狂に包んで3人は東名阪ツアー「Three Heavy Clash」の幕を下ろした。

なおSHANKは主催イベント「BLAZE UP NAGASAKI 2016」を10月2日に長崎・長崎市神の島公園特設ステージにて開催することを発表。さらに音源作品のリリースやツアーも予定していることも明かした。ファンは続報もお楽しみに。

「Three Heavy Clash」
2016年6月26日 TSUTAYA O-EAST セットリスト

OVER ARM THROW

01. Thanks
02. Hand in hand
03. Honey Baby Surfer-Girl
04. A-Z
05. MUSIC
06. Dreaming of you
07. ZINNIA
08. Dear my songs
09. S.O.G
10. All right all wrong

locofrank

01. reason
02. Returning
03. across time
04. Grab Again
05. share
06. CALLING
07. A GLOSSY DEMOCRACY
08. BE FULL
09. survive
10. START

SHANK

01. submarine
02. MONKEY FUCK
03. Take Me Back
04. Good Night Darling
05. Set the fire
06. Cigar Store
07. Departure
08. Weather is Beautiful
09. Time is...
10. Movie
11. 620
12. TOP WATER
13. Love and Hate
14. Two sweet coffees a day
15. Lamp
16. Knockin' on the Door
17. My sweet universe
18. Hope
19. Long for the Blue moon
20. Restart
<アンコール>
21. drama queen
22. BASIC
23. Stop the crap
<ダブルアンコール>
24. submarine

音楽ナタリーをフォロー