音楽ナタリー - 新曲リリース・ライブ情報などの音楽ニュースを毎日配信

大泉逸郎も応援!山形の“ビジュアル系演歌歌手”デビュー

1779

山形県河北町出身の“ビジュアル系演歌歌手”最上川司(もがみがわつかさ)が、6月10日にシングル「まつぽいよ」でユニバーサルミュージック・ジャパンよりメジャーデビューを果たす。

3歳で山形テレビ「ちびっこドーン」のカラオケコンテストに出場し、千昌夫「北国の春」を歌って特別賞を受賞した最上川。1999年にはX JAPANに憧れ上京し、2009年にD'espairsRayのドラマーとしてデビューするも、バンドは2011年に解散してしまう。その後もTHE MICRO HEAD 4N'Sのドラマーとして活躍していたが、「自分を育ててくれた」という演歌で勝負すべく、今年から歌手としての活動をスタートさせた。

デビュー曲「まつぽいよ」は最上川自身が作詞・作曲を手がけたオリジナルの演歌で、タイトルにある「まつぽい」とは東北地方の方言で「まぶしい、愛しい」の意。東京で暮らしながら“まつぽい”故郷に思いを馳せる、郷愁あふれるナンバーだ。CDリリースに先駆けて有線放送ではすでにオンエアされており、「有線ランキング」4月度の「演歌 月刊お問い合わせランキング」では堂々の1位に。5月13日からはiTunes Storeでの配信もスタートし、演歌ファンの間で注目を集めている。「孫」の大ヒットで知られる同じ山形県河北町出身の演歌歌手・大泉逸郎は、最上川のデビューを祝し「<うたは心のふるさと>と良くいいます。私と同じ河北町だからがんばってもらいたいな。私と同じふるさとをだいじに頑張って下さい。ステージで逢える日が楽しみです」と最上川のオフィシャルサイトにコメントを寄せている。

シングル発売前日の6月9日には、ヴィジュアル系の聖地として知られる東京のライブハウス・目黒鹿鳴館でコンサート「最上川 司 演歌歌謡ショー~出陣前夜祭&ニュークラブ 司OPEN~」が開催。そのほか複数の歌謡フェスティバルへの参加も決定しており、6月20日には山形のお祭り「第4回 日本一さくらんぼ祭り」で故郷に錦を飾る。

最上川司「まつぽいよ」収録内容

収録曲

01. まつぽいよ
02. さくらんぼ恋唄
03. 北酒場
04. まつぽいよ(オリジナル・カラオケ)
05. さくらんぼ恋唄(オリジナル・カラオケ)
06. 北酒場(オリジナル・カラオケ)

初回限定盤DVD収録内容

・まつぽいよ Music Video
・2015年4月15日渋谷ライブハウス アンコール映像
・まつぽいよ 振り付けビデオ

最上川司 公演スケジュール

夏の歌謡フェスティバル Vol.4

2015年6月4日(木)東京都 かめありリリオホール
※最上川司は夜の部に出演(歌唱は1曲のみ)

最上川 司 演歌歌謡ショー~出陣前夜祭&ニュークラブ 司OPEN~

2015年6月9日(火)東京都 目黒鹿鳴館

ユニバーサルミュージック歌謡フェスティバル

2015年6月12日(金)東京都 町田市民ホール
※昼夜2公演

第4回 日本一さくらんぼ祭り

2015年6月20日(土)山形県 文翔館 特設ステージ

音楽ナタリーをフォロー