音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

Awesome City Club、吉田ヨウヘイgroup&髭と祝った自主企画vol.1

88

Awesome City Club (撮影:古溪一道)

Awesome City Club (撮影:古溪一道)

4月3日、東京・WWWにてAwesome City Clubの自主企画イベント「Awesome Talks -vol.1-」が開催された。

このイベントにはAwesome City Club、吉田ヨウヘイgroup、の3バンドに加え、開演前や転換タイムのDJとして木下理樹(ART-SCHOOL)が出演。1番手のバンドは吉田ヨウヘイgroupで、吉田ヨウヘイ(Vo, G, Sax)は「Awesome City Club、呼んでくれてありがとう。アルバム聴いたんですけど、すごくいいので皆さん買ってください」と話しつつ「ブールヴァード」などを演奏。吹奏楽器の音色を含んだ彼らならではのアンサンブルで、場内に豊かなサウンドを響かせた。

続く髭は、1曲目の新曲「ジョゼ」から須藤寿(Vo, G)がハッピーなオーラを振りまき、イベントの雰囲気をより明るく変えていく。彼は「今日は楽しいよね、いい音楽ばかりで。こんな素敵な場に呼んでいただいて本当にありがとうございます」とACCに感謝を示す。後半は「テキーラ!テキーラ!」「闇をひとつまみ」「ing」と曲を重ねて、観客と一体となってその場を楽しんでいた。

トリを飾るACCはまず、メジャーデビュー盤「Awesome City Tracks」から「Lesson」「Jungle」、さらにサマーアンセム「WAHAHA」や新曲も披露。atagi(Vo, G)の抜けのいいボーカルとPORIN(Vo, Syn)のコケティッシュな歌声のハーモニーに、モリシー(G, Syn)、マツザカタクミ(B, Syn, Rap)、ユキエ(Dr)の巧みな演奏が合わさって心地いいグルーヴが場内を席巻する。彼らはこの日、スノードームの中に入っている架空の街を再現するという設定でパフォーマンスしており、ステージ背面のスクリーンには曲ごとに違うスノードームが映し出され、スノードームを動かし続ける生カメラの映像が観客を楽しませた。

MCではそんなコンセプトをメンバーの口から説明。後半はPORINがメインボーカルを務める「P」、小気味いいカッティングギターで踊らせるソウルナンバー「It's So Fine」を経て、この季節にピッタリな「4月のマーチ」が本編ラストに届けられた。またアンコールでは、8月21日に同じWWWで「Awesome Talks -vol.02-」が開催されることを発表し、拍手に包まれる会場。「Awesome Talks」の記念すべき1回目は代表曲「涙の上海ナイト」でにぎやかに幕を閉じた。

なお「Awesome Talks -vol.02-」のゲストバンドは後日発表される。

Awesome Talks -vol.02-

2015年8月21日(金)東京都 WWW
<出演者>
Awesome City Club / and more

音楽ナタリーをフォロー